EVとして生まれ変わった往年の名車Eタイプ|Jaguar

EVとして生まれ変わった往年の名車Eタイプ|Jaguar

CAR NEWS

Jaguar E-Type Zero|ジャガー Eタイプ ゼロ

EVとして生まれ変わった往年の名車Eタイプ|Jaguar

ジャガー・ランドローバーは現地時間9月7日(木)、ジャガーの往年の名車「Eタイプ」をレストアし、電動パワートレインを搭載した「Eタイプ ゼロ」を製作。ジャガー・ランドローバーがロンドンで開催した「Tech Fest 2017」で初披露し、一般にも公開された。

Text by YANAKA Tomomi

バッテリーをエンジンと同寸にしたことで、オリジナルの走りを維持

1961年に発表されたジャガー「Eタイプ」。フェラーリの創業者エンツォ・フェラーリからも「世界でもっとも美しいクルマ」と称された1台が最新のパワートレーンを得たEV「Eタイプ ゼロ」として生まれ変わった。

レストアを手掛けたジャガー・ランドローバー・クラシックでは、Eタイプ ゼロのために、最高出力220kWの電動パワートレインを開発し、0-100km/h加速は5.5秒を記録。電動パワートレインとオリジナルをシームレスに組み合わせるため、車両の出力を制限し、最適なダイビング エクスペリエンスを生み出したと謳う。

EVとして生まれ変わった往年の名車Eタイプ|Jaguar
EVとして生まれ変わった往年の名車Eタイプ|Jaguar

リチウムイオン バッテリー パックはオリジナルのEタイプが使用していた6気筒の“XKエンジン”と同寸でかつ、重量もほぼ同じになるよう製作。サスペンションやブレーキなど車体の基本構造を変更することなく、さらには前後重量配分も変らずオリジナルのような走りとハンドリング、乗り心地、ブレーキを体験できるという。

また、6気筒のXKエンジンは、ジャガーが1949年から1992年まで製造していた「Eタイプ」や「XK120」「マーク2」「XJ6」など、当時を象徴する大半のモデルに採用されているため、今後はこれらの車両すべてをEV化させることが可能となる。

40kWhのバッテリーは家庭用電源で一晩のうちに充電が可能で、航続距離は270km。パワートレインと計測機器、ダッシュボードを変更したことをのぞいてはオリジナル仕様を再現しているという。

ジャガー・ランドローバー・クラシックのディレクター、ティム・ハニング氏は「私たちがEタイプ ゼロを製作する目的は将来を見据えたクラシックカーを提示すること」とコメント。今後もどのような名車がEVとしてよみがえるか期待される。

問い合わせ先

ジャガーコール

0120-050-689(9:00-18:00、土日祝日を除く)