ベントレーが描き出す、未来のラグジュアリー|Bentley

ベントレーが描き出す、未来のラグジュアリー|Bentley

CAR FEATURES

BENTLEY|ベントレー

ベントレーが描き出す、未来のラグジュアリー

パワートレーンの多様化と進化、そして各種運転支援システムに自動運転技術……。クルマをめぐるテクノロジーが長足の進歩を見せる昨今。ラグジュアリーカーブランドの最右翼たるベントレーは、新しい時代に向け何を目指しているのか。同社のデザイン部門を率いるステファン シエラフ氏が、未来のラグジュアリーを語る。

Text by SAKURAI Kenichi

ベントレーのアイデンティティを今後一世紀以上維持するこが重要

自動運転は、もはや遠い未来のクルマの話でない。それは、ラグジュアリーブランドのベントレーでもかわらない、発明されてから130年あまりの歴史を持つ自動車の進むべき正しいロードマップである。ベントレーのデザイン部門を率いるステファン シエラフは、20年後のベントレーをイメージさせるいくつかのデザインサンプルを前に、我々にこう語った。

「明日のベントレーを設計するのは簡単な作業ではありません。しかし、そこで重要なのはベントレーのブランドアイデンティティを、これから先一世紀以上にわたって維持すること。そしてそれは、誰もがベントレーに期待する世界観を持っていなければなりません。我々が今持っているイメージを視覚化し、革新的な未来へとつなげる必要もあります」

BENTLEY|ベントレー
BENTLEY|ベントレー

クルマのデザインは一足飛びに実現するものではない。時間をかけ進化に進化を重ね、時に伝統を再解釈することで新さが生まれるが、そうしたブランドのタイムラインにおいても「世界観」や「らしさ」というキーワードは欠かせない。過去のベントレーと現代のベントレーを並べてみても同じブランドだと誰にでも分からせるキーがあり、時代の変化とともにデザインが変わってもベントレーの持つ世界観は揺るぎない。

未来のベントレーを担うドイツ人のステファン・シエラフは、これまで数十年にわたり、アウディやフォルクスワーゲンで活躍。主にインテリアデザインを手掛けた後、メルセデス・ベンツに移籍、そこでもインテリアに係わるデザインの仕事に就いた。ベントレーのチーフデザイナーに就任したのは2015年。そんな彼のチームが力を入れているのが、ラグジュアリーカーの近未来を想定したこのデザインである。

「ベントレーというブランドとともに、我々に期待されるラグジュアリーカーの方向性を想像し、表現することが最も重要です。私にとって特に印象的なベントレーは、1952年のマリナー Rタイプコンチネンタルです。このモデルのエクステリアは、伝統的なハンドメイドによって構築された美しい曲面を持っています。力強く印象的なラインや肉感的なリアビュー、スピードを感じさせるルーフラインなど、今みても魅力的なプロポーションに溢れています。このDNAは、将来のベントレーにも引き継がれていきます」