vol.2 キルティング・ベスト MONCLER|モンクレール

vol.2 キルティング・ベスト MONCLER|モンクレール

FASHION MEN

ザ★ベスト7 7KOROBI TOMOKI

世のトレンドとは一線を画す独自の視点で選んだアイテムを、編集大魔王の洒脱な解説ともに紹介する話題の新連載。第二回となる今回は、秋一番に手に入れたいボリューミーな『キルティング・ベスト』をチョイス。「まだ暑いのに綿やダウン入り?」と敬遠するなかれ。旬のボトムに好相性のトップスとして、また、予想外な着こなしに使えるアイテムとして必見です!

Direction & Select by SUKEZANE TomokiPhotographs by YAMAGUCHI KenichiStyling by Kota Kawai Text by HATAKEYAMA Satoko

MONCLER|モンクレール

s_002_best7_02_moncler
s_005_best7_02_moncler

祐真 前身頃がヴィンテージ風のムートン、後ろ身頃が曲線のキルティングという意表をついたコンビネーション仕立て。ハードなようでいて後ろ姿はスポーティというギャップがユニークな一着です。ざっくりしたバルキーニットやアランニットの上に羽織っても良さそうです。

表情の異なる素材を組み合わせて、斬新なルックスに仕上げた個性派。スタンドカラーの襟元をジグザグステッチの薄めのキルティングにすることでスポーティな雰囲気が加わり、重すぎず着やすい雰囲気にしているのにも要注目。35万3000円(モンクレール/モンクレール ジャパン 03-3486-2110)

s_170714_openers11054_cube
s_170714_openers11053_cube
s_170714_openers11057_cube
問い合わせ先

モンクレール/モンクレール ジャパン

03-3486-2110

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』『ENGINE』等のファッションページのディレクションのほか、著名アーティストや文化人の広告のスタイリング等を手掛けている。パリとミラノのコレクション観覧歴はかれこれ25年以上。   Born in 1965 in Kyoto, Japan. He started his career as a fashion editor at POPEYE magazine of Magazine House. Currently, he is working on various magazines such as UOMO(SHUEISHA), GQ(Conde Nast Japan),Casa BRUTUS (Magazine House), MEN’S NON NO (SHUEISHA), ENGINE(SHINCHOSHA)and he is setting styling people such as artists and […]