ファーバーカステルの歴史的コレクション「ポリグレード」が復刻|FABER-CASTELL

FABER-CASTELL|ファーバーカステルの歴史的コレクション「ポリグレード」が復刻

DESIGN NEWS

FABER-CASTELL|ファーバーカステル

ブランドの歴史を語る鉛筆

ファーバーカステルの鉛筆「ポリグレード」が復刻。軸の太さ・長さ・形状、鉛筆の硬さの世界的基準となった歴史的なプロダクトだ。現在、ファーバーカステル東京ミッドタウンと銀座・伊東屋で先行販売中だ。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

全12硬度が整然と並ぶパッケージが魅力的

FABER-CASTELL(ファーバーカステル)は現存する世界最古の筆記具メーカーとして知られる、1761年に家具職人カスパー・ファーバーがドイツ・ニュルンベルク郊外に設立した筆記具メーカーだ。1851年に世界で初めて鉛筆を商品として発売。この鉛筆の「太さ・長さ・硬さ・形状」が現在でも世界的基準になっている。

ファーバーカステルは代々伯爵家により経営されており、1839年から1896年にかけては、4代目のローター・フォン・ファーバーが組織を率いてきた。鉛筆の基準を規定し、六角形の鉛筆を作り出したのは、彼の時代のこと。

また製造した鉛筆に“A.W.Faber”という当時の社名を刻印したのも彼が先駆けで、ここに世界初のブランド名が記された筆記具が生まれたのである。

ローターは鉛筆生産技術について学び続け、商品パッケージについても研究を重ねた。そのひとつが、異なる硬度の鉛筆を1つのケースに入れて提供するアイデアだ。当時としては斬新なアイデアで、さらに外箱も最上品質の鉛筆にふさわしい装丁を追求した。

こうして生まれた「ポリグレード」は、現在ファーバーカステルの代表作となっている「カステル9000番鉛筆」と交代するまで数十年に渡り、当時のA.W.Faber社のトップ商品として揺るぎない地位を守り続けた。

polygrades_002
polygrades_003

このたび現代に甦った復刻版「ポリグレード」は当時の商品に限りなく近いものになっている。当時のパッケージを踏襲した紙箱を開くと、刻印が輝く全12硬度の鉛筆が整然と並べられている。

加えてファーバーカステルと鉛筆の歴史を紹介するブックレットが付属。長い年月で育まれたブランドの魅力に触れることができる。

ファーバーカステル東京ミッドタウン及び、銀座・伊東屋G.Itoya地下一階 Inspiration Hallにて開催される「ファーバーカステルアカデミー at伊東屋 第2期生作品展」内の物販スペースにて2017年7月2日(日)まで数量限定で、先行販売中だ。

ファーバーカステル ポリグレード
生産個数|世界限定生産1万5000個
内容|BBBBB(非常に柔らかな漆黒)~HHHHH(非常に硬い)までの12硬度入り、ブックレット
価格|3780円
先行販売日|2017年7月2日(日)まで (ファーバーカステル東京ミッドタウン、銀座伊東屋)
通常販売日|2017年9月

ファーバーカステル東京ミッドタウン
住所|東京都港区赤坂9-7-1六本木東京ミッドタウン

銀座・伊東屋
住所|東京都中央区銀座2-7-15

問い合わせ先

ファーバーカステル東京ミッドタウン

Tel.03-5413-0300