JOHN LOBB|ジョン ロブの新たなラインに見る、サスティナブルな靴作りとは。

JOHN LOBB|ジョン ロブの新たなラインに見る、サスティナブルな靴作りとは。

JOHN LOBB

JOHN LOBB|ジョンロブ

NEW CLASSIC

ジョン ロブの新たなラインに見る、サスティナブルな靴作りとは。

今春の登場以来、早くも話題となっているジョン ロブの「ニュークラシック ライン」。150年もの歴史を通し、紳士靴の最高峰を極めたジョン ロブ。同ブランドだからこそたどり着いた、その次代を担う新たなシューメイキングについて、ジョンロブジャパン松田智沖社長に訊いた。

Photographs by TANAKA TsutomuText by TAKEISHI Yasuhiro(City Writes)

次代のクラシックを創造する新たな試み

欧米では“Noblesse Oblige(ノブレス オブリージュ)”という精神が社会に息づいている。それは“高貴さには相応の責任が伴う”といった考え方であり、フランス語だが英国出身で19世紀に活躍した女優・著述家ファニー・ケンブルが最初に言及したことで広まった。

ジョン ロブがこの度リリースした「ニュークラシック」は、まさしくそんな欧米に根付く良心的精神を体現する新しいラインである。

s_003_JOHN_LOBB_NEW_CLASSIC
s_004_JOHN_LOBB_NEW_CLASSIC

「今回のニュークラシックは、ジョン ロブが企業として“サスティナブル・ディベロップメント(持続可能な開発)”を追求することで誕生しました。こうしたサスティナビリティ(持続可能性)への取り組みは、これまでファクトリーでの省エネなどで行ってきましたが、同コレクションは製品に反映させた初の試みです」

資源を活かす卓越のシューメイキング

ジョンロブジャパンの松田智沖社長はこのように語る。

急速な社会的発展に伴い、いま世界では地球温暖化や環境破壊、資源枯渇といった問題が噴出。企業にもより高度なCSR(企業の社会的責任)が求められている。そうした諸問題に対する企業としてのひとつの答えが、ニュークラシックには込められているのだ。

「これまでジョン ロブでは、プレステージとクラシックの2つのラインを展開してきました。なかでも最高峰のプレステージは1足につき概ね5〜6のパターンで組み上げていきますが、ひとつひとつのパーツが大きいため、無駄になる革が少なからずあった。

なぜならパターンが大きい分、1枚の革から広い範囲にキズがない部分を選りすぐって採らなければならないからです。そうして余った革はこれまで使用することができませんでしたが、これを活かしたのがニュークラシックです。

通常の高級靴といわれているものは、12〜15パターンといわれていますが、ニュークラシックは同じく概ね15のパターンで構成されています。パターン数が多い分ひとつひとつは小さいため、プレステージやクラシックのパターン採り後に余った革からも、キズを避けてパーツを採ることができる。結果、貴重な革を最大限活かすことに成功したのです」

s_005_JOHN_LOBB_NEW_CLASSIC

「トーントン」(内羽根ストレートチップ)13万円

s_006_JOHN_LOBB_NEW_CLASSIC

「レン」(外羽根ストレートチップ)13万円

s_003_JOHN_LOBB_NEW_CLASSIC

「エンバー」(ダブルモンク)13万円

s_007_JOHN_LOBB_NEW_CLASSIC

「アドレイ」(ローファー)13万円