オランダを代表する家具ブランド「ガルファニタス」が日本上陸|GALVANITAS

GALVANITAS|オランダを代表する家具ブランド「ガルファニタス」が日本上陸

DESIGN NEWS

GALVANITAS|ガルファニタス

耐久性と機能性を兼ね備えたデザイン

オランダの家具ブランド「GALVANITAS」(ガルファニタス)が日本上陸。オランダの公共スペースに採用される機能性とシンプルなデザインが魅力的だ。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

シンプルなオランダ式ミッドセンチュリー

1934年にオランダのブレダで設立されたGalvanitas(ガルファニタス)社。オランダ国内ではガルファニタスという名前は耐久性と機能性を兼ね備えたプロダクトとして認知され、学校からスタジアムの座席にまでシェアが広げられている。

堅実で耐久性のあるファニチャーの代名詞となった同社は、オランダにおけるミッドセンチュリーのモダニズムを定義し、実用的なスタイルを確立したメーカーなのだ。

今回、ガルファニタスが日本に上陸。チェアの「Model S.16」とテーブル「TD4」を展開する。

「Model S.16」はガルファニタスが1950年代後半から60年代初頭に、学校、オフィス、病院、ダイニングホールなどの公共の場でのヘビーユーズに耐えられるよう、安価で実用性と耐久性が織り込まれたデザインをもつチェアとして製作された。その後オランダ国内の多くの施設に採用され、ガルファニタスの代表的なプロダクトとして認知されている。

一度は生産停止となったものの、世界中にファンをもつ「Model S.16」は、2014年に現代にマッチした豊富なカラーバリエーションを備えて生産を再開。工業製品の流れを汲んだシンプルで工業的なデザインは現代でも色あせることなく、様々な空間で使用されている。

galvanitas_016
galvanitas_017

いっぽうの「TD4」は、「Model S.16」が展開されていた時代に、主に学校の机として活躍していたテーブルだ。「Model S.16」との相性がとても良く、コンパスのような足の形状からテーブルの下が広く使える実用的なデザインになっている。

日本仕様では一般の家庭でも合わせやすいように天盤はオークとウォルナットの2種類、サイズは1800mm×850mmと1400mm×800mmの2種類をラインナップ。カラーバリエーションは全6色とインテリアに合わせやすい組み合わせができる。

ガルファニタスは2017年6月18日(日)まで、東京・渋谷に期間限定でオープンしているコンセプトショップ「WHITE Journal Standard Furniture」で先行販売している。

この機会に、オランダの公共デザインが育んだシンプルな美しさと機能性を確かめてみてほしい。

Model S.16 チェア
サイズ|W400×D500×H810×SH460mm
材質|PAGウッド、スチール
原産国|オランダ
カラー|6色
価格|4万円(税別)

Model TD4 テーブル
サイズ|W1800×D850×H755mm、W1400×D800×H755mm
材質|オークまたはウォルナット、スチール
原産国|オランダ
カラー|6色(予定)
価格|15万5000円(税別)

WHITE Journal Standard Furniture
期間|2017年6月18日(日)
営業時間|11:00~22:00
場所|東京都渋谷区神宮前6-19-20 1F

問い合わせ先

ガルファニタス

http://www.galvanitas-s16.jp/