ものづくりの町、燕三条が生んだ新たなバーベキューブランド「TSBBQ」|DESIGN

DESIGN|ものづくりの町、燕三条が生んだ新たなバーベキューブランド「TSBBQ」

DESIGN NEWS

DESIGN|日本有数の金属加工の町・燕三条で生まれた新ブランド

塊肉料理が手軽に楽しめる「ローストスタンド」

スタイリッシュなバーベキューアイテムを提案する新ブランド「TSBBQ」。第1弾は、シュラスコやローストビーフを調理できる「ローストスタンド」だ。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

アウトドアでゴージャスな食事が可能に

日本有数の金属加工の町、新潟県・燕三条でその技術を磨いてきた山谷産業が、アートディレクターの石川竜太氏、プロダクトデザイナーの高橋悠氏とともに立ち上げたバーベキューブランド「TSBBQ」。

この度、TSBBQのプロダクト第1弾として登場したのが「ローストスタンド」だ。

tsbbq_005

欧米で親しまれているようなパーティ・バーベキューをイメージ。ローストスタンドをコンロの上に乗せ、肉をサーベルに刺してくるくると60度ずつ回しながら食材を焼く。こうすることでまんべんなく火を通すことができるのだ。

今までアウトドアでは難しかったローストビーフや、シュラスコといったゴージャスな料理を堪能できる。

また付属の専用棒を使えば、バウムクーヘンが調理可能なことも魅力だ。

スタンドは分解できるのでコンパクトに収納可能。いつものバーベキュー用品と一緒に手軽に持ち運びができる。

魅力的な料理をアウトドアで味わう楽しみ。アウトドアライフがより楽しくなるプロダクトだ。

TSBBQ ローストスタンド
セット内容|ステンレススタンド×4、スタンドコネクション×2、サーベル、バウムクーヘン木製棒、キャリングケース
価格|9800円(税別)
発売日|2017年5月24日(水) ※ECショップ「村の鍛冶屋」にてリリース

問い合わせ先

村の鍛冶屋

http://www.muranokajiya.jp/