第2世代のアウディA5/S5が日本上陸|Audi

第2世代のアウディA5/S5が日本上陸|Audi

A5 Coupe

CAR NEWS

Audi A5 Coupe|アウディ A5 クーペ

Audi A5 Sportback|アウディ A5 スポーツバック

Audi S5 Coupe|アウディ S5 クーペ

Audi S5 Sportback|アウディ S5 スポーツバック

Audi A5 Cabriolet|アウディ A5 カブリオレ

Audi S5 Cabriolet|アウディ S5 カブリオレ

第2世代のアウディA5/S5が日本上陸

“The most beautiful audi design”、ラインナップ中もっとも美しいクルマとアウディが言い切るA5ファミリーの6モデルがフルモデルチェンジ。4月4日より受注が開始された。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

アウディ中もっとも美しいエクステリアデザイン

日本に導入されるアウディA5シリーズはこれまで通りクーペ、スポーツバック、カブリオレのボディタイプがあり、それぞれにスポーティなS5シリーズもラインナップ。4WDシステムのクワトロを搭載したA5/S5クーペとスポーツバックは4月下旬より、A5/S5カブリオレと今回新たに設定されたFWDのA5スポーツバック2.0TFSIおよび2.0TSFIスポーツは7月下旬より販売が開始される予定だ。

「A5」のデザインのルーツは1980年にデビューした初代アウディ「クワトロ」にある。このモデルはパワーのあるエンジンの駆動力をしっかりと路面に伝えるために、ワイドタイヤを装着。それをクリアするためにブリスターフェンダーを採用し、それが印象的なデザインであった。新型A5でも採用されている特徴的なフェンダーアーチは、このクワトロを想起させるものなのである。

Audi A5 Coupe|アウディ A5 クーペ
Audi A5 Coupe|アウディ A5 クーペ

この特徴的なフェンダーアーチ及びショルダーラインは、力強さと躍動感を表現している。例えばネコ科の動物で大きな力を必要とされる肩や腰の部分には力強い筋肉が付いており、それをこのボディラインで表現しているのだ。

また、この力強さはクラムシェル型のボンネットでも表現されており、中央のパワードームによって、パワフルなエンジンが搭載されていることを強調しているのだ。

Audi A5 Coupe|アウディ A5 クーペ
Audi A5 Coupe|アウディ A5 クーペ

そのフロント周りでは、上下に薄く、左右に広げられたシングルフレームグリルと、グリルより少し上に配されたヘッドライトの位置により、ワイド感とともに精悍でスポーティなイメージを演出している。

インテリアでは、水平基調のクリーンなデザインでまとめられたインストルメントパネルで、広々とした印象を強調。クーペでは、従来型と比較し室内長で17mm、前席のショルダールームで26mm、ヘッドルームで12mm、後席乗員のニールームは23mm広くなっており、居住性が増している。