米山庸二×八嶋智人 特別対談「音楽と演劇とジュエリーと」|M・A・R・S

M・A・R・S|米山庸二×八嶋智人 特別対談「音楽と演劇とジュエリーと」

「M・A・R・S」米山庸二 特別対談

M・A・R・S|マーズ

米山庸二×八嶋智人 特別対談

音楽と演劇とジュエリーと(1)

2016年に25周年を迎えた「M.A.R.S.(マーズ)」。それを記念して送るデザイナー米山庸二氏の対談連載。今回のゲストは、俳優の八嶋智人氏。対談のなかで、八嶋さんが仲間と立ち上げた劇団「カムカムミニキーナ」とM.A.R.S.は、創立年が同じということが判明。お互い音楽好きという共通点もあり、話は大いに盛り上がりました。

Photographs by TANAKA TsutomuHair by HIROKI (W)Make-up by Nagisa (W)Text by TOMIYAMA Eizaburo

メガネモチーフは数多くありますけど、いまだにこれを超えるものは見たことがない(八嶋)

――おふたりの出会いは、どのようなきっかけだったのですか?

八嶋智人さん(以下、八嶋) 最初は俳優の梶原善さんにM.A.R.Sを教えていただいて。というのも、結婚指輪のオーダーをお願いしたんです。きっと愚直な職人さんが来るんだろうなと思ったら、福山雅治さん並にかっこいい方でびっくりして。それでちょっと緊張したんですけど、おしゃれでかっこいい人なら任せて安心だなと思って(笑)。

――そこからお付き合いが始まったんですね。

2X1A3370

八嶋 そう、僕が2004年に日本メガネベストドレッサー賞を獲ったときは、記念のリングまで作っていただいて。世の中にメガネモチーフは数多くありますけど、いまだにこれを超えるものは見たことがないですね。後ろを見ると、ちゃんとモダン部分も表現されていて。しかも、リングの内側にメッセージも入れてくれたんです。最近は細かい字が読みずらいんですけど(笑)。これは本当に嬉しかったなぁ、授賞式にも着けて行きました。

米山庸二さん(以下、米山) メガネベストドレッサー賞を獲りそうだと伺って、急ピッチで作ったんですよ。レンズ部分にセットした石もこのためにあつらえて。すべてが完全な1点もの。

八嶋 ほんとありがたい。あと、結婚10年目のときに頑張ってスイート10的なものをサプライズで贈ったんですけど、そのときも真っ先に米山さんに相談して、イメージを伝えてオーダーしました。あとは、コンポジットリングもお気に入り。カスタムをしてもらって、840(八嶋)の数字が入っているんです。

米山 結婚指輪をする以前は、何かしらアクセサリーを着けていた時代もあったんですか?

八嶋 若い頃にネックレスはしていましたけど、指輪は男がするものじゃないと思っていて。昔は相当ダサくて、夏はざっくりとしたVネックのサーマーセーターに、がっつり刺繍が入ったデニム、そして素足にモカシンみたいな。そこに太めの金のネックレスしてウェストポーチ持って(笑)。

米山 それが奥さまと出会って変わったんですね。

八嶋 それもそうですし、米山さんと話をしながらいろいろ変わったんですよ。自分の好みも汲み取ってもらえるし。

米山 そういってくれると嬉しいな。八嶋さんは大学時代に劇団を立ち上げられてますけど、演じることにはいつくらいから興味があったんですか?

2X1A3370
2X1A3370

思春期のヒーローは甲本ヒロトさん

八嶋 覚えてないんですよね。ただとにかく人前に出るのが好きで。小学校の3年生くらいから、学校の集まりがあると司会をしていましたね。あとは5年生のときにお芝居をした思い出があるくらい。でも、中学校3年生のときには将来そういうことをやりたいなと思っていて。うちの両親はお芝居といっても歌舞伎くらいしか知らないから、「とにかく人より長く脛をかじるかもしれません」と。そういうジャブだけはずっと打ってたんです。

米山 最初は目立ちたい一心なんですね(笑)。ということは、歌手でもお笑いでも良かったとか。

八嶋 そうそう、ただ流行りに乗っただけですよ。80年代、90年代は小劇場ブームとバンドブームがあったから。だから高校時代はバンドもやってたし。

米山 どんなバンドを?

八嶋 アメリカンハードロックのコピーバンド。モトリークルーとかやってましたね。でも、ぽっちゃりとした眼鏡男子だったので、それがヴォーカルだとかっこよくないんです。その恥ずかしさを埋めるために、少しコミックバンド寄りなことをしていて。でも、演奏はちゃんとやるぜみたいなアプローチ。

米山 当時、憧れていたスターは誰でしたか?

八嶋 それが不思議なことに、のちにM.A.R.Sを通じて出会うことになる甲本ヒロトさんなんです。もう僕らの世代はみんなそう。中学時代に初めて知って、布団にくるまって絶叫しながら聴いていましたね。初めて東京に出てくるときも、新幹線の中で大音量で聴いていましたし。自分を鼓舞するというか、思春期特有のモヤモヤを一緒に発散してくれる存在でした。

米山 僕がブルーハーツを知ったのは20代だったかな。ヒロトさんは本当にかっこいいですよね。

八嶋 バンドの音色やメロディのかっこよさもあるけど、僕は歌詞がすごく好きで。昔から歌詞が聴けないバンドはダメなんです。そんな僕にとって、まさに歌詞が聴こえてきたのがブルーハーツ。14~15歳だった僕のモヤモヤをすくい取ってくれるようで、そこに熱狂したんですよね。救ってくれたというか。後になってヒロトさんから「僕は14歳に向けてやっている」と伺って、やっぱりそうだったのかって。

米山 今でもその感情は呼び起こされますよね。

八嶋 ありますね。ライブに行って、どうにもこうにも泣いてしまう瞬間があるんです。自分ではわかんないんですよ、その感情は。感極まるっていうか。それでいて、ヒロトさん自身は普段とても穏やかで理知的な方。どこかで静かに深く悩んでらっしゃるのかもしれないですけど、僕みたいな人間と交流を持ってくださることを嬉しく思いますね。出会った最初の頃、「僕らは似てるよね」と仰られて。すごく嬉しかったんですけど、どう見ても似てない。あっ、ここにいる人みんなが不思議そうな顔してるけど。でも、ご本人が仰ったことなんで(笑)

2X1A3370

積極的に役者を選んだのではなくて、消去法で絞られて現在に至る感じです(八嶋)

米山 アハハハ。ヒロトさんに憧れなはら高校時代にはバンドをやっていて、本格的にお芝居を始めたのは東京に出てきてからなんですか?

八嶋 演技をするために東京に出てきたんです。

米山 そのきっかけになった方はいらっしゃいますか?

八嶋 いないんですよ。とにかく人前に出たいという思いだけがあって。なぜ人前に出たいのかというと、モテたいからチヤホヤされたいから。なのに、ヴィジュアルはよくない、運動もできない、頭もよくない、モテる要素がなんにもないわけです。でも、関西の場合は少しおもしろければモテる可能性があるんですよ。そこにかけた部分はあるんですけど、向き不向きもあるし、芸人さんに対するリスペクトもあるので、僕ごときがなれるわけないなという思いもあって。

米山 へぇ~。

八嶋 そこから、だんだんと自分のできる場所があればバンドでもお芝居でもやっていて。だから、積極的に役者を選んだのではなくて、消去法で絞られて現在に至る感じです。今はおかげさまで役者以外にもバラエティとか報道の司会とかいろんなことをやっていますけど、そこには役立っていますね。

米山 ご出身は奈良県ですよね。

八嶋 そうです。でも、我々の時代は奈良だと劇場の数も演劇をやっている人も少なくて。とにかく東京に行かなきゃと思ってましたね。バブルな世の中、東京万歳! みたいな。それで東京の大学に入って、中学高校時代の同級生の松村武と劇団『カムカムミニキーナ』を1990年に立ち上げるんです。座長の松村は僕が演劇に巻き込んだんですよ。

米山 M.A.R.Sも90年スタートだから一緒なんですね。

八嶋 あっ、そうなんですね。一緒だ。でも、僕と明らかに違うのは米山さんもヒロトさんも0から1を生み出す人。つまり、アーティストなんです。僕は役者なんで、その生み出された1を掛け算したり足し算したりする。そこが圧倒的に違う。だから、僕はアーティストの人をとても尊敬していて、ときには嫉妬もする。

米山 僕はその逆。舞台で演じ切れる、やり切れる人に「やられた!」って感覚を覚えるし嫉妬もする。

八嶋 ないものねだりなんですね。あと、役者はミュージシャンのことを大きくリスペクトする傾向があるんですよ。

米山 それはどういう視点で?

八嶋 まずはさっきの話にも出てきた、アーティストであるということ。それに加えて、対峙する「気」の大きさが違うから。舞台に立つ人と、お客さんの間には目に見えない「気」の交換があるんです。それが1:100くらいはなんとか誤魔化せるんですけど、(1:1)×100になった途端に相当タフでないと無理。しかも、ミュージシャンの方たちがやっている会場はお芝居よりも大きいですから。

米山 ミュージシャンって怖いだろうなって思うんです。ときに何万人を相手にしますもんね。

Page02. 若い世代は頭が良くてそつなくこなせる人が増えている