「CINEMA」シリーズ最新モデルが登場|JBL

JBL|「CINEMA」シリーズ最新モデルが登場

DESIGN DIGITAL

JBL|ジェービーエル

2.1chホームシアターシステム「CINEMA SB450」

JBLの「CINEMA SB450」は4K Ultra-HDに対応し、Bluetoothを搭載するなど最新技術を導入した2.1chホームシアターシステムだ。世界の映画館や劇場の迫力や臨場感を自宅で楽しめる。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

バーチャルサラウンドや4Kに対応

この度登場した「CINEMA SB450」は、高音質かつパワフルで臨場感のあるサウンドを楽しめる「CINEMA」シリーズの最新モデルだ。

最大出力440Wのパワーを備えたホームシアターシステムは、独自技術「HARMAN Display Surround」モード搭載により、高いパフォーマンスを実現。多くの映画館やコンサートホールで採用されているJBLのサウンドクオリティを自宅で楽しめるのだ。

最新モデルらしく4K Ultra-HD パススルーに対応している。4Kテレビなどと組み合わせることでUltra-HDのBlu-rayソフトに記録される映像と音声を最上位フォーマットのまま再生できる。

sb450_002
sb450_004

TVとの接続はHDMIだけでなく光デジタルケーブルにも対応。接続はケーブルを1本つなくだけなので面倒な設定も不要だ。またサウンドバーとサブウーファーはワイヤレス接続のため、好みの場所に設置できる。ケーブルの煩わしさからも解放され、空間と調和するサウンド機器にまとめられた。

またBluetoothにも対応しているため、スマートフォン、PC、タブレットなどの対応デバイスを簡単に接続できる。TV番組や映画、ゲームだけでなく音楽鑑賞にも対応でき、幅広いエンタテインメントシーンで活躍する。

CINEMA SB450
タイプ|4K Ultra-HD対応 2.1chホームシアターシステム
サイズ|(サウンドバー)約W1100×H97×D76mm ※本体のみ (サブウーファー)約W320×H355.5×D320mm
重量|(サウンドバー)約3.4kg (サブウーファー)約9.5kg
使用ユニット|(サウンドバー)58mm径ミッドレンジドライバー×4、32mm径ツイーター×2 (サブウーファー)200mm径ウーファードライバー×1
最大出力|総合440W
周波数特性|40Hz-20kHz
音声入力|HDMI(ARC)×1、HDMI×3、Bluetooth×1、光デジタル×1、アナログ×1
付属品|光デジタルケーブル(1.5m)×1、HDMI ケーブル(1.0m)×1、リモコン×1、
壁掛用取付金具×1、電源ケーブル×2(各1.5m、サウンドバー、サブウーファー)
カラー|ブラック
価格|5万9880円(税別)※公式通販サイト販売価格

問い合わせ先

JBL

Tel.0570-550-465

http://jbl.harman-japan.co.jp/