世界限定300台のマイバッハ オープンモデル|Mercedes-Maybach

世界限定300台のマイバッハ オープンモデル|Mercedes-Maybach

CAR NEWS

Mercedes-Maybach S 650 Cabriolet|メルセデス マイバッハ S 650 カブリオレ

世界限定300台のマイバッハ オープンモデル

メルセデス・ベンツ日本は1月16日、特別生産モデル「マイバッハ S650 カブリオレ」の受注を開始。世界では限定300台、日本では限定4台のみの販売となる。

Text by YANAKA Tomomi

片側47個のスワロフスキークリスタルがきらめくヘッドライト

2015年のロサンゼルスモーターショーでワールドプレミアされたメルセデス・マイバッハ「S 650 カブリオレ」が限定生産されることとなった。

ベースとなるのは4人乗りの「メルセデスAMG S 65 カブリオレ」。最高出力463kW(630ps)、最大トルク1,000Nmを発生する6.0リッターV型12気筒ツインターボエンジンや車間を維持しながらステアリング操作をアシストする「ディストロニック プラス」などの安全装備、快適性をそのままに専用デザインが施された。

Mercedes-Maybach S 650 Cabriolet|メルセデス マイバッハ S 650 カブリオレ
Mercedes-Maybach S 650 Cabriolet|メルセデス マイバッハ S 650 カブリオレ

ソフトトップは3層構造で、静粛性の高い空間を生み出す。操作はセンターコンソールにあるスイッチもしくは車外からのキーで行い、時速50km/h以下であれば走行中でも約20秒で開閉が可能。ソフトトップを閉めるさいにはトランク内で自動的にラゲッジカバーに格納され、トランクに収納した荷物がそソフトトップにより汚れないようにする機構も備える。

きらめくヘッドライトは片側47個のスワロフスキークリスタルを組み込んだ専用LEDハイパフォーマンスヘッドライト。円柱状の30個のクリスタルがウインカーに、残りの17個のカットクリスタルはポジショニングライトに配置しされ、ラグジュアリーな表情を演出する。

いっぽうのインテリアは、2013年のフランクフルトモーターショーで発表されたコンセプトカー「コンセプト S クーペ」で用いられたシートの“フローイングライン”など、アイデアを部分的に採用。またセンターコンソールやフロントシートなどいたるところにマイバッハのエンブレムやレタリングが施され、カップホルダーには世界300台限定を意味する「1 of 300」のレタリングも。

Mercedes-Maybach S 650 Cabriolet|メルセデス マイバッハ S 650 カブリオレ
Mercedes-Maybach S 650 Cabriolet|メルセデス マイバッハ S 650 カブリオレ

さらに、購入者にはトラベルバッグ2個、ライフスタイルバッグ2個からなるトラベルラゲッジセットやエンブレム付きのキーホルダーなどのアクセサリーがついてくるという。バッグ、キーホルダーの配色は内装と同じインテリアデザインのコーディネートとなり、リュクス感が高められた。

カラーは外装16色、内装10色、4種のインテリアトリム、5色のソフトトップと3,000以上の組み合わせが可能。ただし、日本で販売される4台のうち1台はジルコンレッドのボディカラーにベージュのソフトトップなど、すでにカラーが決定している。

ステアリングは左のみで、日本での販売台数は限定4台。価格は4,420万円だ。受注は1月31日までの期間限定で、デリバリーは2017年10月以降が予定されている。

問い合わせ先

メルセデスコール

0120-190-610