マイナーチェンジを受けた新型レクサス ISに試乗|LEXUS

マイナーチェンジを受けた新型レクサス ISに試乗|LEXUS

Lexus IS300h

CAR IMPRESSION

LEXUS IS|レクサス IS

マイナーチェンジを受けた新型レクサス ISに試乗

足まわりとデザインが大きく進化

レクサスの走りを象徴するFRスポーツサルーン「IS」。2016年10月にマイナーチェンジを受けたその最新モデルに、サーキットと一般道で試乗した。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

よりアグレッシブなスタイリングに

レクサスの走りを象徴するFRスポーツセダンと謳われる「IS」がマイナーチェンジを受けた。2016年10月20日に発表された“新”ISの特徴はレクサスの言葉を借りると「運転の楽しさのさらなる熟成」「デザインの進化」「安全運転支援の強化」だ。

ISのラインナップは不変。「IS350」、「IS300h」、そして「IS200t」と3モデルで構成される。今回のマイナーチェンジはすべてのモデルが対象だ。

スタイリング的にも「運転の楽しさ」を強調するためだろうか、印象的にはアグレッシブさが増している。スピンドルグリルと呼ばれるフロントグリルの輪郭に手が入れられ下部がより広がった。

Lexus IS300h|レクサス IS300h
Lexus IS300h|レクサス IS300h

「低重心でスポーティな印象を与える」(レクサス プレスリリース)と意匠変更の目的が説明されている。これに大きな両サイドのエアダムが組み合わされる。たしかにかなり“やる気”を感じさせ、高速道路でバックミラーに映ったら、けっこう焦りそうだ。

全体としては側面やリアビューを含めてラインが整理されていて、エレガンスも同時に感じる。BMWでいうと5シリーズを連想させるパワフルさとうまくバランスのとれたスタイリングで魅力的だ。

かつてレクサスでは2つの異なった価値観をうまくバランスして取り込むことだ大事と主張していた記憶がある。ISでそれを思い出した。

Lexus IS300h|レクサス IS300h
Lexus IS300h|レクサス IS300h

走行性能を強化するため、サスペンションに手が入れられているのが今回の眼目のひとつだ。レクサスの説明を借りて端的にいうと「操縦安定性と乗り心地をより高次元で両立」させるのが目的だという。

ひとつは改良型ダンパーの採用。サスペンションのストローク速度が低い低速域から充分な減衰力でもって乗り心地をよくしている。いっぽうでフロントのダブルウィッシュボーンを形成するロワーアームの材質をアルミニウム製に変更したのは剛性アップと軽量化のためだそうだ。

はたして効果が発揮されているようだ。