ルイ・ヴィトン 六本木ヒルズ店にアフリカのアニマルが出現|LOUIS VUITTON

LOUIS VUITTON|ルイ・ヴィトン 六本木ヒルズ店にアフリカのアニマルが出現

©DAICI ANO

FASHION NEWS

LOUIS VUITTON|ルイ・ヴィトン

チャップマン・ブラザーズによるアニマル・プリントの新作コレクション

LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)が、1月14日(土)から1月19日(木)までの間、六本木ヒルズ店でチャップマン・ブラザーズとの協働による新作2017春夏メンズ・コレクションを全国に先駆けて展開する。
同時に、期間限定で店舗の正面や店内には、エクスクルーシブなインスタレーションが登場。街行く人を驚かせることだろう。

Text by SHIMOJO Shingo

アフリカとロンドン・パンクがまさかの融合

フォトグラファーであるFrank Marshall(フランク・マーシャル)が以前発表した写真集「Renegades」の中で写し出したのは、ヘビーなライダースを身に纏ったボツワナのギャングたちの姿だった。

「アフリカ(サファリ)」と、ライダースジャケットから想起される「パンクカルチャー」…。

一見かけ離れたイメージに思えるが、幼少期をボツワナで過ごしたルイ・ヴィトン メンズ・コレクションのディレクターであるキム・ジョーンズは、肌に残る現地の空気感を頼りに、ロンドン出身のアーティスト、ジェイク・アンド・ディノス・チャップマンと協働し、両者を見事に融合させた。

215-4

コレクションは、レザーグッズや小物、プレタポルテ、シューズ、アクセサリー、ウォッチなど、豊富なアイテムを展開。ナチュラルなカラーパレットのアニマルプリントを施したマテリアルに、パンキッシュなディテールワーク、さらにメゾンならではのフレンチ・エレガンスが溶け合い、唯一無二の存在感を放つ。

今回、コレクションの発売に合わせて、店舗の正面にはアフリカのアニマルたちを模したオブジェがダイナミックに飾られ、店内ではキリンの幻想的なオブジェが訪れる人を迎え入れる。また、驚きに満ちた空間が広がる店内の特設スペースでは、1月14日(土)から1月31日(火)の間、アニマルたちとのオリジナルムービー撮影も楽しめる。

あなたもサファリパークに足を踏み入れる気分で、その世界観とコレクションを体感してみては?

02
02

©DAICI ANO

ルイ・ヴィトン 六本木ヒルズ店
東京都港区六本木6-12-3 六本木ヒルズ 六本木けやき坂通り
営業時間|12:00~21:00
#LVRoppongi

問い合わせ先

ルイ・ヴィトン クライアントサービス

0120-00-1854

www.louisvuitton.com