UNITED ARROWS|「MP di Massimo Piombo」マッシモ・ピオンボ インタビュー

UNITED ARROWS|「MP di Massimo Piombo」マッシモ・ピオンボ インタビュー

FASHION

UNITED ARROWS|ユナイテッドアローズ

2012-13年秋冬最注目ブランド「MP di Massimo Piombo」デビュー

マッシモ・ピオンボ インタビュー

ユナイテッドアローズの2012-13年秋冬カタログが8月24日(金)から店頭配布が開始され、いよいよあたらしいシーズンが本格的に立ち上がる。今シーズンのユナイテッドアローズ メンズのブランドラインナップのなかでとくに注目されているのが、マッシモ・ピオンボ氏がイタリアを代表するキートン(Kiton)グループと連携する新ブランド、「MP di Massimo Piombo」。なぜキートングループと? とマッシモに問うと、「キートンの現在のCEO、アントニオ・デ・マティスと私のフィロソフィーが近かったので、キートンの素晴らしい技術が活きる重衣料をお願いしたのです」と答えた。

Text by KAJII Makoto (OPENERS)Photographs by SUZUKI Kenta

――その“フィロソフィーが近い”とはどういう意味ですか?

ラグジュアリーという言葉がありますが、私は“BELLEZZA=ビューティ”なスピリットを目指しています。私が求める美意識に、キートンのクオリティの高さやハンドメイドの確かさは、パートナーに充分値します。

――デビューシーズンからユナイテッドアローズでの扱いも力が入っていますね。

今年の2月にクリエイティブ・ディレクターの鴨志田康人さんとパリで会ってたくさん話をしました。彼はニュートラルでピュアで、オープンだし、お互い同じような立場でもあります。自分の手の内を隠すわけでなく、フランクに話してくれる良いフレンドです。またユナイテッドアローズは、世界の中でも希少な、自分たちのアイデンティティをしっかりもって自分たちの考えを正しく伝えているお店だと思います。とくに鴨志田さん、バイヤーの内山省治さんのチームは、素材についてよくわかっているので尊敬しています。

<内山省治氏のコメント>

今でも17年前に買った「PIOMBO」のジャケットは着ています。彼のデザインについて、イタリアン・クラシックという位置づけで解釈されることもあるようですが、服本来がもっている装飾性を自然に楽しめるメンズブランドはなかなかないと思います。今回の「MP di Massimo Piombo」もとても真面目に作っている服ですが、服を楽しむ要素がたくさん詰まっていて、かつ自然体で着られる希有なコレクションになっていると思います。

ユナイテッドアローズ|マッシモ・ピオンボ 04
ユナイテッドアローズ|マッシモ・ピオンボ 06
ユナイテッドアローズ|マッシモ・ピオンボ 09

――2012年秋冬コレクションのテーマ・コンセプトは?

ブランドを象徴するスタイルの一つとして、今季は“ジャン・コクトー”をテーマにしています。彼のアーカイブから生地やボタンを再現したり、1920~30年代当時のオートクチュールの世界をモダナイズしてあたらしい世代の服へと踏み出しています。前のPIOMBO時代も情熱をもって仕事をしていましたが、エキセントリックでクレイジーな世界をこの「MP di Massimo Piombo」でようやく表現することができました。

――コレクションでもっとも大切にしているものは何ですか?

生地が一番大事です。世界ではじめてメルトンを編んだカナダのファクトリーのものを使ったり、巻き物ではオーストリアのモヘアを選んだり。ボタンも英国のレザーボタンなどにこだわっています。また色も重要で、旅行で出かけたモロッコ、マラケシュ、サンモリッツ、リヨン、トルコ、ソマリアなど、アフリカや東欧などのエスニックな色をコレクションの随所に配しています。

――あなたにとって“メンズ服の魅力”とは?

アイテムでいうとジャケットですね。ジャケットは、機能的な保温性もあり、着ればエレガントさを表現でき、ポケットもじつに機能的で、自分自身を保護してくれるものです。今季のコレクションでも、スポーティにもフォーマルにも着こなせるディナージャケットはとくに好評です。

マッシモ・ピオンボ|Massimo Piombo
1959年生まれの52歳。大学では政治学を学び、25歳でファッションビジネスをはじめる。デビューと同時にメンズクロージングの世界にインパクトを与えたブランド「PIOMBO」は1989年創業。素材使いやカラーリングに独特の雰囲気をもった服は、男のあたらしいエレガントな装いとして注目された。2012年秋冬シーズンに、新ブランド「MP di Massimo Piombo」をスタート。2013年春夏シーズンの展開にも期待が高まる。

ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館
東京都渋谷区神宮前3-28-1 B1F-3F
営業時間|12:00~20:00(平日)、11:00~20:00(土・日・祝日)
Tel. 03-3479-8180
www.united-arrows.jp