新型BMW5シリーズに試乗|BMW

新型BMW5シリーズに試乗|BMW

CAR IMPRESSION

BMW 5 Series|ビー・エム・ダブリュー 5シリーズ

新型BMW5シリーズに試乗

新時代のビジネスマンズエクスプレス

BMWの屋台骨ともいえるミドルクラスセダン「5シリーズ」が、7年ぶりとなるフルモデルチェンジを受けた。7世代目となる新型はいかなるモデルに仕上げられているのか。ポルトガルはリスボンで開催された国際試乗会より、小川フミオ氏がリポートする。

Text by OGAWA Fumio

先進的安全技術とコネクティビティが大幅に向上

BMW「5シリーズ」がモデルチェンジした。7世代目になる新型は2017年2月から欧州で発売開始。それを控えて国際試乗会が、2016年12月にポルトガルで開催された。スタイリングは従来型のエレガントでスポーティな雰囲気を引き継ぎつつ、電子デバイスの充実により先進的安全技術とコネクティビティが大幅に向上したのが特徴だ。

スポーティビジネスセダン。BMWが7代目の新型5シリーズを定義したコンセプトだ。全長は36m増加して4,935mmに。全幅は6mm増えて1,868mmに。全高は2mm増えて1,466mmに。ホイールベースは7mm 延長されて2,975mmになっている。

BMW 5 Series|ビー・エム・ダブリュー 5シリーズ
BMW 5 Series|ビー・エム・ダブリュー 5シリーズ

「技術の分野でのリーダーシップ、ぜいたくな雰囲気、そしてデジタル技術こそ成功のための重要なカギ」。BMW本社はプレスリリースでそう述べている。最初の2つについてはBMWではおなじみ。ドライブする楽しみと品質感の高い作りが5シリーズにファンを生んできたからだ。そして3番目のデジタル技術の充実こそ現代で成功するための要件になる。

試乗会のために選ばれたのはリスボン空港を起点にテージョ河河口を挟んだ地帯。海辺からちょっと入るとゴルフリゾートまであり、米国でいうとペブルビーチのような趣を感じた。真冬でも温暖であり太陽光線に満ちあふれている。ドイツ人がとりわけ好きな冬季バカンスの地というのもわかる。しかもドライブにも向いているのだ。山岳路もあれば高速道路もと5シリーズを試すにはいいロケーションが考えられていた。