フェラーリ日本上陸50周年の特別モデル「J50」を発表|Ferrari

フェラーリ日本上陸50周年の特別モデル「J50」を発表|Ferrari

CAR NEWS

Ferrari J50|フェラーリ J50

フェラーリ日本上陸50周年の特別モデル「J50」を発表

1966年、この年はフェラーリが正規に輸入された最初の年だといわれている。それから50年経った2016年、フェラーリは日本においてさまざまな記念イベントを開催。その集大成ともいえるイベントが東京六本木の国立新博物館で行われ、そこでは、日本専用10台限定で販売される“フォーリセリエ”の「J50」が発表された。

Text & Photographs by UCHIDA Shunichi

その名はJ50“ジャパン フィフティ”

フェラーリ「J50」は「488スパイダー」をベースにしてはいるものの、白紙からデザインされた。「未来的、フューチャリスティックをテーマにしています」とは、フェラーリ S.p.A、デザイン部門シニアバイスプレジデントのフラビオ・マンゾーニ氏だ。そのデザインは1950年代のフェラーリのバルケッタを意識したという。また、「308GTS」からインスピレーションを得ていることからタルガトップを採用した2シーターミッドリアエンジンロードスターとなった。

デザインの特徴についてマンゾーニ氏は、「サイドラインが特徴的で、これによりクルマを上下に分けている。その結果、まるで宇宙船のような印象を与えています。さらに、エンジンベイがスケルトンになっていることも特徴的です」と述べる。特にエンジンを見せるということにかんしては、「フェラーリにとってエンジンは、ジュエル、宝石のようなものです。その宝石のまわりを大事にデザインするということは、我々にとって重要なことなのです」と話す。

Ferrari J50|フェラーリ J50
Ferrari J50|フェラーリ J50

エンジンは3.9リッターV8ツインターボ。インターナショナルエンジンオブザイヤー 2016を受賞したもので、ターボにつきもののターボラグをなくし、よりレスポンスを向上させている。488スパイダーでは670psを発生するこのエンジン、J50では690psにパワーアップされた。

そのほか新しいデザインを採用したホイールや、フェラーリ初のフルLEDヘッドライトも採用されている。

価格は235万ユーロからで、2017年から2018年にかけて納車が行われる。前述のとおり日本国内専用で10台限定だが、すべて完売したという。