祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.14 森田恭通さん

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.14 森田恭通さん

祐真朋樹対談

Page. 1

世界中で多くのプロジェクトを手掛けるGLAMOROUS co.,ltd.の森田恭通さんには実はフォトグラファーとしての顔もあり、昨年パリで初の写真展を開催したばかり。さらに先月11月18日から20日までは東京・茅場町共同ビルディングで開催されていた、世界を舞台に活躍する写真家や映像クリエイターの作品が集結するフォトフェア「ART PHOTO TOKYO -edition zero-」にも出展。写真を撮るようになったいきさつからデザインに対する想いまで、ART PHOTO TOKYOの会場で話を聞いた。

Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by HATA JunjiText by ANDO Sara (OPENERS)

平面で陶器のような質感を追求して辿り着いた女性の身体

祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真) 出展おめでとうございます。どれも素敵な作品ばかりですね。森田さんはいつから写真を始められたんですか?

森田恭通さん(以下、森田)ありがとうございます。写真を撮り始めたのは、プライベートでは20歳ごろだったと思います。ファッション世代なので、20代の頃は美容院に置いてあった『ELLE』や『VOGUE』なんかが僕の参考書でした。その頃はインテリアやデザインに関する参考書ってあまりなかったんですよ。

祐真 まさにスーパーモデル全盛期の頃ですね。

森田 そうです。リンダ(・エヴァンジェリスタ)やシンディ(・クロフォード)、ヘレナ(・クリステンセン)たちが活躍していた時代です。モード写真、特にモノクロームが好きだったので、見よう見まねで撮ったりして。カメラはどこへ行くにも持ち歩いていましたね。

_1DS7104

ハーブ・リッツにより1989年に撮影されたステファニー・シーモア、シンディ・クロフォード、クリスティ・ターリントン、タチアナ・パティッツ、ナオミ・キャンベルという往年のスーパーモデルの姿を捉えたポートレート。
モデルのタチアナ・パティッツのインスタグラムより:https://www.instagram.com/tatjanapatitz/

祐真 去年の11月にパリで初の個展を開催したそうですが、きっかけはなんだったんですか?

森田 以前からモノクロームの抽象的な写真が欲しいと思って探していたんです。ただ、自分のデザインしたインテリアに合うもので探してみるとなかなか見つからなくて。写真はずっと撮っていたので「では自分で撮ろうか」と思い立ったのがきっかけですね。今回展示している作品は去年パリで展示したものです。

祐真 「Porcelain Nude」とありますが、詳しく教えてください。

_1DS7104
_1DS7104

森田 いわゆる女性のヌードなんですが、見た人がなんだかわからないような抽象的なものに落とし込んでみました。すべて40センチの距離で撮っているので、かなりの接写ですよ。

祐真 パッと見た時、女性の身体だとわかりませんでした。確かに見る側としてはこれを身体と思うのかどうなのか、それぞれの解釈がありそうで面白いですね。

森田 「砂丘ですか?」と聞かれたこともあります。アートは受け取り側の自由ですからね。女性の身体に見える人、砂丘に見える人、はたまた月明かりの波紋に見える人がいたっていいわけで。

祐真 素晴らしいですね。ないですよね、こういう写真。空間における平面の彫刻ですね。

森田 結構いろんなところでこういう写真を探したのですが、彫刻はあっても写真はないんですね。

祐真 モード写真だと、ヌードであったとしても全身入っていたりしてね。

森田 そうなんです。そうなると人間像が出てしまうので、できるだけわからないようにしたかったんです。

祐真 いいですよね。邪魔にならないというか、嫌らしさがないのでリビングにも飾れそうですね。

森田 子どもがいる家庭ではヌード写真をなかなか飾れませんが、これなら大丈夫といって、ご夫婦で買ってくださる方もいますよ。

_1DS7104
_1DS7104

祐真 森田さんは写真だけでなく、建物全体を考えて撮影するから普通のカメラマンとアプローチが違うのでしょうね。

森田 どこかにしまっておくのではなく、空間に飾ることを前提に撮っていることは間違いないですね。生活にアートがあるとハッピーになりますし。

祐真 今回のテーマはどのようにして行き着いたのですか?

森田 単純に、平面で陶器のような質感が欲しかったんですよね。モノクロで人の身体ならそう見えるかも、と思ったのがスタート地点です。僕は世の中には直線か曲線しかないと思っていて、常にその二つを意識しているんです。そしてこの世で一番美しい曲線はやはり女性の身体だと思うんですね。コカ・コーラのボトルは女性のボディラインを参考にしたというし、車のデザインをしている人たちも絶対に意識しているはず。10人の女性がいたら10通りの曲線がありますが、どれも世の中で一番きれいなアールを描いているんです。

祐真 面白いですね。建築家のオスカー・ニーマイヤーも女性のボディラインをインスピレーション源にしていると言っていました。そしてその美しい曲線に寄って抽象的にすることで「何の写真だろう?」って考えさせる。飾られているフレームもカッコいいですね。

森田 フレームも世の中にいっぱいあるわりに、ミニマムでシャープなものって案外なかったりするんですよ。だからこれも作ったんです。ここまで細いと金属に見えるかもしれませんが、木なんですよ。

祐真 ミニマムでシャープな額縁に、曲線の写真が真ん中にあるわけですね。ずらりと並べてあるのもカッコいいです。

森田 ありがとうございます。スクエアの中にアールを入れると強さが出て、メッセージがより伝わりやすくなるかなと思います。

祐真 今回は焼き物も展示しているんですね。

森田 フランスのベルナルドという190年続いているテーブルウェアメーカーに制作してもらいました。タイトル通り、陶器でできているんです。

_1DS7104

Page02. 目では見られないモノクロの世界を撮り続ける理由

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』『ENGINE』等のファッションページのディレクションのほか、著名アーティストや文化人の広告のスタイリング等を手掛けている。パリとミラノのコレクション観覧歴はかれこれ25年以上。   Born in 1965 in Kyoto, Japan. He started his career as a fashion editor at POPEYE magazine of Magazine House. Currently, he is working on various magazines such as UOMO(SHUEISHA), GQ(Conde Nast Japan),Casa BRUTUS (Magazine House), MEN’S NON NO (SHUEISHA), ENGINE(SHINCHOSHA)and he is setting styling people such as artists and […]