祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.13 秋元梢さん

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.13 秋元梢さん

祐真朋樹対談

Page. 1

今回ゲストに迎えたのはモデルの秋元梢さん。美しく切り揃えられた黒髪のロングヘアが印象的で、東京を代表するオシャレなイットガールとしても人気です。最近ではパリコレにも足繁く通い、日本国内のみならずワールドワイドに注目を集める彼女の魅力を探りました。

Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by HATA Junji (Cyaan)

海外でも活躍する秋元梢さんのファッションの原点とは

祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真) ファッションへの興味はいつぐらいからあったんですか?

秋元梢さん(以下、秋元) 小学生の頃から服は好きでした。親が買って来たものでコーディネートしたり、親と一緒に錦糸町のマルイに行って買ってもらったり。小学校高学年になるとお小遣いを握りしめて電車で原宿の竹下通りに出掛けたりもしてました。お相撲で地方に回った時は、空いた時間に母とデパートで服を買ってもらうのがルーティンになっていたので楽しみにしていました。

02

祐真 憧れていた人や好きな雑誌はありました?

秋元 ヴィジュアル系とかロックパンクバンドが好きで『KERA!』を読んでいました。『Zipper』とか『CUTiE』なんかは可愛いというかナチュラルな感じだったんですけど、『KERA!』はパンクやロリータ、ゴスなどちょっと派手な人たちが取り上げられていて、それをずっと買っていたんです。

祐真 ブランドでいうとどんな服が好きだったんですか?

秋元 ヒアゼアとかバツとかヒステリックグラマーとか。姉には「ヒスは高いからあんたにはまだ早いわよ」とか言われながら(笑)。母は私に女の子らしい格好をさせたかったみたいで、ミルクを着るようになって欲しかったみたいです。

祐真 当時ミルクは人気だったんですか?

秋元 ザ・スキャンティのYOPPYが雑誌で着ていて本当に可愛かったんです。彼女が着ているものは全身欲しくなるような感じでしたね。当時みんなのアイドルで読者モデルのさきがけというか。土屋アンナさんとかあんじさんが人気だった時代です。ミルクはずっと憧れのブランドだったので、まさか大学生になった自分が、2ヵ月という短い夏休みの間だけでしたが、ミルクボーイでバイトするなんて思っていませんでした。

祐真 モデルとして活動するようになったのは?

秋元 サロンモデルが最初ですね。竹下通りを歩いていたら、美容室の人に声をかけられて。当時、街にロングヘアがいなかったんですよね。それからしばらくしてSHIMAのsachikoさんにモデルになってくれないかと頼まれるようになって、アルバイト感覚でお小遣い稼ぎみたいにいろいろやっていました。そして今の事務所に入る事になったというわけです。

祐真 僕はエルメスのカタログにお兄さんと出ているのを見たのが最初でした。

秋元 事務所に入ってすぐだったので、もう6年以上前ですね。エルメス側が東京で面白い子を探していたそうで、秋元兄弟という何やら面白そうな子たちがいるらしい、と声を掛けてくれたのがきっかけです。

祐真 ストリートとハイブランドのミックスがとてもいいバランスでした。

秋元 エルメスは格式が高くて、雲の上の存在のようなブランドだったのですが、私にとっては原点ですね。

祐真 まさかあの千代の富士さんと関係あるとは知らず、一目見ていいモデルだな、面白いなって思っていました。

秋元 生まれた時から「千代の富士の娘」と言われ続けることには慣れていましたし、父のことは大好きなのですが、芸能界に入ったことで今まで以上に父の存在がついてまわるようになったのは事実ですね。エルメスのカタログに出させていただいたことも父とは関係ないのに、どうしてもイコールになってしまって、虚しさを感じることもありました。

祐真 お父さんの偉大さがそういうところで梢さんの人生に関わってくるわけですよね。ご自身にしかわからないと思いますけど、きっといいことですよね。僕はすごくいいなと思います。

秋元 いわゆる二世と言われる人たちは、親が有名というだけで、芸能活動をするとどうしてもマイナスに見られてしまうことが多いように思います。二世はいいよねって言われたりもしますが、普通に芸能活動をするよりも大変だと自分では思っています。

祐真 梢さんはここ数シーズンパリコレへ行っているそうですが、いつぐらいから行き始めたんですか?

秋元 3、4年前でしょうか。きっかけとなったのは、単純にパリコレってどんな感じなんだろうっていう素直な疑問です。日本のファッションショーに登場するモデルも、本業がモデルというよりもテレビで人気のあるタレントさんだったりして。私自身、モデルとしてのプライドもあるので、だったら本場のファッションショーを見に行こう!と。

Page02. エディターでもスタイリストでもないからこその視点で捉えるパリコレ

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』 …