祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.8 野口強さん(前編)

祐真朋樹・編集大魔王対談|vol.8 野口強さん(前編)

祐真朋樹対談

Page. 1

スタイリストの野口強さんがディレクションする「MINEDENIM(マインデニム)」は、今秋デビューしたばかりの、大人の男女に向けたメイド・イン・ジャパンのデニムブランドだ。美しいシルエットと穿き心地の良さにこだわり、色落ちやダメージなどの加工は職人がオールハンドで行っている。その直営店「MINED(マインド)」が東京・外苑前にオープンした。それを記念して、ショップのコンセプトを聞きつつ、過去の色々な話も交えながらTシャツにデニムが定番という野口さんのデニム観を探った。

Interview by SUKEZANE TomokiPhotographs by TANAKA Tsutomu

祝・ショップオープン! 目指すは大人のジーンズメイト!?

祐真朋樹・編集大魔王(以下、祐真) 久しぶりです。よろしくお願いします。お店、ついにできました。オープンおめでとうございます。

野口強さん(以下、野口) ありがとうございます。こないだレセプションにいらしていただきましたが、オープン日いつだったっけ?

祐真 自分の店!知らんのかいな。あれがオープンの日? 確か8月5日でした。

野口 じゃあ8月6日オープンです、はい。

祐真 お店の名前は?

野口 「MINED(マインド)」。単純にデニムの逆さ読みよ。

祐真 あ~……なるほど。ブランド名は「MINEDENIM(マインデニム)」ですね。

野口 山本山※1みたいなもんよ。

祐真 ホンマや。いいですね、わかりやすくて。どうですか、自分の店というのは?

野口 もっと色々徐々にやっていきたいね。

祐真 あまり商品は売っていませんね。

appearance_3

野口 そう。基本的にデニムしかやらないって決めてるから。Tシャツとかジャケットなどもデニム素材で。しばらくそのコンセプトでやろうと思っています。目指してるのは、大人のジーンズメイト※2(笑)。

祐真 一見わかりやすいたとえだけど、ジーンズメイトのように安くないでしょ。

野口 セレクトみたいな形にしたい、ホンマは。でもいきなりは無理なので。色んなブランドのデニムを扱っていきたい。だからジーンズメイト的なね(笑)。

祐真 デザイナーズブランドも必ずジーンズを出していますが、そういうのも並べていく予定?

野口 はい。できれば置かせてもらいたいですね。

appearance_3
appearance_3

祐真 面白いですね。アイデアはいつ頃浮かんだんですか?

野口 前から店やるならデニム屋かなと思ってて。

祐真 結局自分が一番好きなのがデニムだからということですか?

野口 そうですね。基本的に自分がいつも穿いたり着たりしているから。

祐真 変人以外の何者でもない数のジーンズ持ってますもんね。

野口 尋常じゃない数ね。こないだ勘定したら480本ぐらいあった。どうすんだっつー感じですよ。

祐真 何でもええから480本じゃなく、こだわり倒して480本なわけでしょ?

野口 まぁね。

祐真 うち100本ぐらいは一度も穿いてなかったりして?

野口 半分以上じゃない?1回も穿いてないのもある。

祐真 でも200本ぐらいは、この辺にあるだろうなってわかるんでしょ?

野口 わかるわかる。だいたいは自分で把握しているけど、まったく穿かないだろうなっていうのは畳んでパッキンにしまってある。

祐真 ホンマにいらんものは売ったり捨てたりするわけですから、残しておこうって思ってる480本なわけですよね。

野口 そうですね。それでも処分したほうがいいものもあるなと思いつつ……。

祐真 男前な考え方ですね。潔い。僕みたいに残さないわけですね。

野口 自分は残しすぎや!昔ガレージセールやった時も、売れ残ったもの持って帰るのよね。もったいない、持って帰ろって(笑)。普通、手ぶらで帰りたいやん!

祐真 その話は第二章で(笑)。お店の話を。数が一番揃っているのは、オリジナルのジーンズですね?

appearance_3
appearance_3

野口 それと、いわゆるリーバイスの加工のものです。元々のリーバイスをばらしてリメイクしたもの。リーバイスは古着を買ってリメイク。だから一本ずつ表情が違う。基本501です。

祐真 色が綺麗ですね。デザインは基本一緒にしているんですね。

野口 そうそう。今回はこのバージョンで。

祐真 面白いですね。型は一緒でも一本ずつ違うわけですね。

野口 例えばステッチを残してはいけないので、パッチポケットはほかのボディのものをつけているとか。膝抜く時に余った生地をほかのボディにつけたり。

祐真 かなり手、込んでますね。

野口 職人さんたちが頑張ってくれてますね。

祐真 いいですね、シックで。このパターンに至ったのはなぜ?

野口 いきなりハードル高いところいくのもどうかなと思って。買う人の立場もあるし、膝はいじりやすいっていうのもある。

祐真 いいリメイクですね。ほかにないもんね。

野口 レディスは結構あるけどね。

祐真 選ぶの大変やけど、これちょっと欲しいな。

野口 是非。言っていただければ裾の加工もしますんで。アタリ出したりとか、お好みに合わせた始末をしますんで。ブラックもあります。生地はオリジナル。横糸縦糸黒のジーンズってあまりないのよね。

祐真 あ、そうなの?つまりどっちかの糸が黒じゃないってこと?

野口 そう、どっちかに白糸が入っていたりする。黒くない。あってもレディスのお座敷デニム※3 みたいな。あれだとデニムじゃないでしょ。

祐真 ストレッチ効いたレギンスね。忍者みたいだよね。

野口 うちのブラックジーンズ、かなり伸びるよ。いけまっせ、お座敷でも(笑)。ラグジュアリーブランドのデニムとか、膝の裏が痛くなるの多いじゃん。

祐真 なるね。これは黒がずしっと、綺麗ですね。洗うと落ちてはくるんでしょ。

野口 でも普通のより落ちにくいと思うよ。

祐真 長年の経験を踏まえて、ね。

野口 そうですね。結局オリジナルで見立ててもらわないと自分好みにはならないってことですね。

Page02. 長年の経験を生かしたこだわりのデニムの数々

ABOUT
SUKEZANE Tomoki

1965年京都市生まれ。(株)マガジンハウスのPOPEYE編集部でファッションエディターとしてのキャリアをスタート。現在は『UOMO』『GQ JAPAN』『Casa BRUTUS』『MEN’S NON-NO』 …