各界のクリエイター達が使用した鉛筆の写真展「THE SECRET LIFE OF THE PENCIL」|ART

ART|アーティスト達が使用した鉛筆の写真展「THE SECRET LIFE OF THE PENCIL」

LOUNGE ART

ART|日本からは隈研吾氏や坂本龍一氏らの鉛筆を出展

鉛筆の味わい深さを追求したプロジェクト

2016年10月6日(木)~11月13日(日)の期間、ポール・スミス スペース ギャラリー(Paul Smith SPACE GALLERY)で、著名人が使用した鉛筆を捉えた写真展「THE SECRET LIFE OF THE PENCIL」が開催される。彼らが使用した鉛筆に表れる個性に注目だ。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

プロフェッショナル達の個性が鉛筆の使われ方に現れる

「THE SECRET LIFE OF THE PENCIL」は、プロダクト・パッケージデザイナーのアレックス・ハモンド氏とフォトグラファーのマイク・ティニー氏によるプロジェクトで、鉛筆にフォーカスを当てた展覧会だ。

本展では、プロフェッショナル達が実際に使用した鉛筆のもつ美しい魅力を写真に収め展示することで、このデジタル社会において対局をなす筆記用具である鉛筆の魅力を表現する。

世界一流のアーティスト、建築家、作家、デザイナーらのデスクの上で、使用された鉛筆を圧倒的なディテールで写真に収めることで、普段見ることのできない実際の使われ方や、その素朴な筆記用具を使いながら自分自身や作品を確立させてきた彼らの個性が表現されている。

the-secret-life-of-the-pencil_001

image ©M Tinney / Secret Pencils

この展覧会は2015年5月、ロンドンのメイフェア地区にあるPaul Smith No.9 Albemarle Street Shopで開催され、ポール・スミスのプロダクトデザイナー、トム・ディクソン氏、彫刻家のアニッシュ・カプーア氏、フォトグラファーのデヴィッド・ベイリー氏らの鉛筆の写真を展示した。

今回ポール・スミス スペース ギャラリーでの開催にあたり、日本からは原研哉氏、谷尻誠氏、田名網敬一氏、隈研吾氏、鋤田正義氏、坂本龍一氏、NIGO®氏、建築家ユニットのクライン・ダイサム・アーキテクツ(Klein Dytham architecture)が新たに参加し、使用した鉛筆の写真を追加展示する。

また、会場では著名人が使用した鉛筆の写真を購入することも可能だ。

THE SECRET LIFE OF THE PENCIL
会期|2016年10月6日(木)~11月13日(日)※水曜不定休
時間|(月曜~金曜)12:00~20:00 (土日祝)11:00~20:00
会場|ポール・スミス スペース ギャラリー
東京都渋谷区神宮前5-46-14 3F
03-5766-1788

問い合わせ先

ポール・スミス リミテッド

Tel.03-3478-5600

www.paulsmith.co.jp