ライカ史上初のインスタントカメラ「ライカ ゾフォート」|LEICA

LEICA|ライカ史上初のインスタントカメラ「ライカ ゾフォート」

DESIGN PRODUCT

LEICA|ライカ

スタイリッシュなデザインが秀逸なプロダクト

ライカは、インスタントカメラ「ライカ ゾフォート」を発表した。スタイリッシュな外観をもち、搭載された撮影機能はクリエイティブな写真撮影を実現する。発売は2016年11月を予定している。

Text by WASEDA Kosaku(OPENERS)

多数の撮影モードやタイマーも装備

インスタントカメラの魅力は、その場で簡単に撮影し、撮影後すぐに撮った写真を見たり共有することができるところだ。

この度、ライカ史上初となるインスタントカメラ「ライカ ゾフォート」が新たにラインナップに加わった。そのルックスは、ライカのデザインチームが特別に開発したスタイリッシュなデザインに包まれている。

カラーバリエーションは、オレンジ、ホワイト、ミントを用意。ファッションやライフスタイルに合わせて気軽に楽しめる、インスタント写真の魅力を反映させた。

leica-sofort_002
leica-sofort_003

ライカ ゾフォートは、自動モードでは、できる限り内蔵フラッシュを作動させずに自然光を活用する方式を採用している。そのため被写体を自然な雰囲気で写し撮ることができるという。

撮影モードは自動のほかに、パーティ&人物、スポーツ&アクション、接写といった被写体に合わせて特性を変えることができる。さらに二重露光、長時間露光といったクリエイティブな撮影モードや、セルフィーモードおよびセルフタイマーも装備している。

また毎回確実な撮影を実現するために、ユーザーが選んだモードに従って露出時間や絞りなどの設定値を自動的に調節する。

選択したプログラムモードに関係なく、焦点距離を選ぶこともできる。こうすることで、標準または遠景に設定するか、また、どのモードを選ぶかによって、撮影時の創造性の自由度を高めた。そのほかカラーフィルムに加えて、モノクローム写真を好むユーザーのためにモノクロフィルムも販売する。

本モデルでは、カメラ本体や撮影した写真用に様々なアクセサリーをラインナップしている。カメラ本体のカラーに合わせたストラップや、「ライカ ゾフォート フォトディスプレイ」もその一つだ。

これは写真を入れて平らな面に取りつけることで、写真をオブジェにしたり、フォトフレームのようにディスプレイしたりすることができるものだ。

なおライカ ゾフォートは、ライカストア、ライカブティック及びライカ正規特約店にて2016年11月の発売を予定している。

ライカ ゾフォート
発売日|2016年11月
価格|34,560円(税込)
サイズ|約W124 x H94 xD 58 mm
重さ|約305g
ISO感度|ISO 800 instaxフィルム
セルフタイマー|2秒 / 10秒
電源|リチウムイオン バッテリーパック(3.7V、740mAh、2.6 Wh)
バッテリー寿命|約100枚(20℃の場合)

問い合わせ先

ライカサポートセンター

Tel.0120-03-5508

http://www.leica-camera.co.jp