CLSシューティングブレイクにAMGモデルを追加|Mercedes-Benz

CLSシューティングブレイクにAMGモデルを追加|Mercedes-Benz

CAR NEWS

Mercedes-Benz CLS 63 AMG Shooting Brake|
メルセデス・ベンツ CLS 63 AMG シューティングブレイク

CLSシューティングブレイクにAMGバージョンを追加

先日、発表されたCLSクラスのワゴンバージョン「CLSシューティングブレイク」に、AMGによるハイスペックモデル「CLS 63 AMG シューティングブレイク」が追加される。

Text by SUZUKI Fumihiko(OPENERS)

525ps、0-100km/h加速4.4秒!

4ドアクーペ「CLSクラス」に追加された、ステーションワゴン状のテールをもつメルセデス・ベンツ「CLS シューティングブレイク」のラインナップに、同ブランドのハイパフォーマンスモデルを手がける、AMGによる、ハイスペックバージョン「CLS 63 AMG シューティングブレイク」がくわわる。

搭載されるエンジンは、AMGのダウンサイジングエンジンとして、「SL 63 AMG」をはじめ、すでにいくつかのモデルに搭載されている、5.5リッターV8ターボエンジン。直噴、ピエゾインジェクション、ツインターボ、空冷と水冷のインタークーラーといったさまざまな技術の投入により、最高出力386kW(525ps)/5,250rpm-5,750rpm、最大トルク700Nm/1,750-5,250rpmというパフォーマンスを誇る。さらに、限定モデルとして、投入予定の「Edition 1」には、最高出力を24kW、最大トルクを100Nmたかめた、それぞれ410kW(557ps)/5,250-5,750rpmと800Nm/2,000-4,500rpmのエンジンが搭載されるという。AMGが語るように、特別色の濃いCLSシューティングブレイクシリーズのなかでも、とりわけユニークなモデルであることは間違いない。

0-100km/h加速は4.4秒、Edition 1で4.3秒。速度は250km/hでリミッターが作動する。燃費は10.1ℓ/100km、CO2排出量は235g/kmだ。

サスペンションには、AMGモデルではいまやお馴染みの「AMG ライドコントロール スポーツサスペンション」がおごられる。形式はフロントがストラット式コイル、リアがエアサスペンションで、車高を最適にたもつ。ドライバーは、足まわりをコンフォート、スポーツ、スポーツプラスの3モードで切り替えることができるほか、横滑り防止機能の「ESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)」にも3段階の調節機能が備わる。

トランスミッションは7段デュアルクラッチオートマチックの「AMGスピードシフト MCT スポーツトランスミッション」。こちらには4つのドライブモードが用意される。エンジンスタートストップ機能が有効になるのは「コントロールド・エフィシエント(C)」モード。以降、スポーツ(S)、スポーツプラス(S+)、マニュアル(M)と段階的に、エンジン制御はより精密になり、すばやいギアチェンジがおこなわれる。

通常モデルよりも大径のブレーキディスクにはカーボンセラミックコンポジットディスクがオプションとして用意される。

外観は、“V8 BITURBO”レタリングがフロントウイングに入り、リアには左右それぞれ2本のクローム仕上げのテールパイプがのぞく。

インテリアはナッパレザーで覆われたAMGスポーツシートとステアリングホイール、アルミニウム製のパドルシフトのほか、IWCによるデザインのアナログ時計が特徴だ。

Mercedes-Benz CLS 63 AMG Shooting Brake|メルセデス・ベンツ CLS 63 AMG シューティングブレイク

木製のラゲッジフロアがオプションで用意されるのは、通常モデル譲り。市場への登場は2012年12月を予定しているという。

car_brand_top

exclusive_auto_collection
openers_car_top