コモ湖がハリウッドに変わった日|Villa d’Este

コモ湖がハリウッドに変わった日|Villa d’Este

CAR FEATURES

Concorso d’Eleganza Villa d’Este 2016

コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ 2016

コモ湖がハリウッドに変わった日

今年もイタリアのコモ湖を望むホテル「ヴィラ・デステ」庭園に、世界中から集められた貴重なクルマたちがずらりと並べられ、世界最古のクラシックカーの祭典「コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ」が開催された。特に今回は、テーマの一つとして映画に関する部門が設けられ、高級リゾートに集う紳士淑女の注目を集めた。

Text by Akio Lorenzo OYAPhotographs by Akio Lorenzo OYA/Mari OYA

クラシックカー最高峰の祭典

著名自動車エレガンス コンクールのひとつ「コンコルソ デレガンツァ ヴィラ デステ」が、2016年5月20-22日にイタリア・コモ湖畔で開催された。

今回はヒストリックカー52台、コンセプトカー6台、そしてヒストリック モーターサイクル30台が、初日の会場「グランドホテル・ヴィラ・デステ」と、2日目の会場「ヴィラ・エルバ」を埋めた。

1999年以来スポンサーを務めるBMWグループは、往年の名車「2002」の半世紀を記念したコンセプトカー「2002オマージュ」を前夜祭で世界初公開。ヴィラ・エルバ会場には、創業100周年を記念して歴代オマージュカーを一堂に展示した。

Concorso d’Eleganza Villa d’Este 2016|コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ 2016

Lancia Astura serieII(1933)

Concorso d’Eleganza Villa d’Este 2016|コンコルソ・デレガンツァ・ヴィラ・デステ 2016

Maserati A6GCS(1954)

初日の招待者投票による「コッパ・ドーロ」には、1933年ランチア「アストゥラ セーリエII」が選ばれた。カスターニャ製ボディを持つクーペボディは今日の目からすると控えめだが、ムッソリーニの息子ヴィットリオがレースに参戦するために製作された車両である。

いっぽうで、審査員9名が選ぶベスト オブ ショーには、マセラーティ「A6GCS」ピニンファリーナ製ベルリネッタが輝いた。1954年のパリモーターショーに展示されたさい、イタリア貴族がミッレミリアに参加するためその場で購入したという逸話が残されている。

今年設けられた9つのカテゴリーの一つは、「銀幕から撮影セットまで」と名づけられたものだ。その部には、ハリウッドやイタリアのスターゆかりのクルマ5台がエントリーした。