ホンダの5人乗りFCV、クラリティ フューエル セルに試乗|Honda

ホンダの5人乗りFCV、クラリティ フューエル セルに試乗|Honda

CAR IMPRESSION

Honda Clarity Fuel Cell|ホンダ クラリティ フューエル セル

ホンダの5人乗りFCV、クラリティ フューエル セルに試乗

びっくりするほどの出来のよさ

ホンダが満を持してリリースした5人乗りFCVセダン「クラリティ フューエル セル」。3月10日より販売が開始された同モデルに試乗した。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

V6エンジンと同等サイズのパワートレーン

本田技研工業が燃料電池自動車「クラリティ フューエルセル」を2016年3月に発売。4月に試乗会が開かれた。燃料の水素を分解して電気を取り出すのが燃料電池車(FCV)。「本格普及を目指し、クルマとしての「普遍的価値」である実用性の高さ」を追求したと広報資料で謳うモデルだ。全長4,915mmという堂々たるボディは5人用の座席を備える。初年度は自治体や企業へのリースが中心で、ある期間モニタリングを実施した後、個人への販売を行う予定という。

結論的なことをまず書くと、出来のよさにはびっくりするほどだった。燃料に水素を使う電気モーター車として、プラグインハイブリッド車や電気自動車のいいところはちゃんとある。すぐに最大トルクが得られるモーターならではのスムーズな走行感覚に加え、補機類の音がほとんど聞こえない静粛性の高い室内は上質感がたっぷり。加えて、ハンドリングのよさと快適な乗り心地が際立っていた。新設計のプラットフォームを使うなど、本田技研の本気度が光るモデルである。

Honda Clarity Fuel Cell|ホンダ クラリティ フューエル セル

Honda Clarity Fuel Cell|ホンダ クラリティ フューエル セル

本田技研はじつは20世紀からFCVに取り込んでいるメーカーだ。これまでにも「FCX」と名づけたモデルを2003年から役所や民間企業に提供するなど、開発に熱心だった。一時期は屋久島の水力発電を利用して水素を作るプロジェクトも研究していたほどだ。2006年になると電池を含めた動力源の小型化からパッケージングの大幅な見直しを行い、スタリングもそれまでの2ボックスの「FCX」から、いっきにスタイリッシュな方向へと転換。07年11月に「FCXクラリティ」を発表したのだった。このクルマもスムーズで静かでよく出来た印象がある。現在のクラリティ フューエルセルの原型ともいえる「FCVコンセプト」が発表されたのは2013年11月だ。

クラリティ フューエルセル(766万円)は燃料電池スタックを含めた燃料電池パワートレインを小型化してフロントボンネット内に搭載。「世界初」と本田技研では謳う。モーターは搭載方法見直しで高さを従来比で34パーセント低く抑えている。燃料電池スタックは発電性能を従来の1.5倍まで引き上げることで小型化。FC昇圧コンバーター、水素供給システム、空気供給システム、電動ターボ型エアコンプレッサー、それに燃料電池スタックと駆動ユニットからなるパワートレインは、はたして従来のV6エンジンと同等サイズになったそうだ。

水素タンクの使用圧力は従来の35MPa(メガパスカル)から今回は70MPaに引き上げられている。タンクの容量は小さくなっても、貯蔵量は4kgから5kgへと増量。それにより一充填走行距離が約750kmになったのも特筆点だ。「毎日の使用からロングドライブまで、日常のクルマとしての実用性が大幅に向上」(広報資料)と本田技研では言う。たしかに、クラリティ フューエルセルのドライブは先にも少し触れたように楽しいのだ。