あなたのクルマ 見せてください 第4回 谷口勝彦 × ジャガー XJ6

あなたのクルマ 見せてください 第4回 谷口勝彦 × ジャガー XJ6

ひととクルマが紡ぐストーリー

第4回 谷口勝彦 × ジャガー XJ6

機械とオトコのモノガタリ

OPENERSブログでもおなじみの、バーニーズ ジャパン クリエイティブディレクター、谷口勝彦氏は、大のクルマ好きだ。しかも、みずからの手でクルマの不調箇所をなおし、手をかけ、コツをつかむ……という、機械との対話を少年のように楽しんでいる。現在の愛車はジャガー「XJ6」。なかでも、谷口氏が乗る「シリーズ1」は、1968年から72年までのあいだ、職人が手づくりでうみだしていた、「XJ6」の初代モデル。谷口氏はなぜこのモデルに乗るのか。そして谷口氏のクルマ観とはどんなものなのか。

Text by SUZUKI Fumihiko(OPENERS)
Photographs by JAMANDFIX & Alfa Romeo
& TANIGUCHI Katsuhiko

語りたいことはいっぱいある!

これまだ4万kmくらいしか走ってないんですよ! 12月のなかばに来たばっかりだから。でもミッションからオイルが漏れてるから、リビルトのミッションを手配しようかとおもって。オーバーホールよりはるかに安いので。

ジジ顔ですよねぇ。分厚くて、咳き込んでそうな。フェンダーミラーもペッタンコの鏡がついているだけだから、使えないんです。むかしはみんなこうだった。カーステレオも8トラックです。

──クルマはこれ1台なんですか?

これ1台です。じつは、部品取り用にXJ6のシリーズ3を2台工場にもっているんです。それは84年のものだから俺にとってはもうめちゃくちゃあたらしいクルマ。だけど、シリーズ1とシリーズ3は足まわりを共有しているんです。ほかはシリーズ1とは全然ちがう、別物ですけれどね。

このXJ6 シリーズ1は4年しかつくられていなくて。バイオーダーで、要は職人が手でつくってたんです。シリーズ2からようやく生産ラインができて、一気に近代化するんですけれど。まだ40年。XJのまえにはもっとおおきい「420」っていうタイプがサルーンとしてずっとあって、それからこれに移行していくんだけれど、こんなにヒットするとおもわなかったんじゃないですか? シリーズ1は1回外したらインパネなんかネジがあわないとか、そういうのがいっぱいあった。ダッシュボードはウォールナットのムクですよ。バンパーも、いまどきこのオーバーライダーつきの鉄のバンパーなんてないよね。トランクリッドの造型も、いまはここまで複雑にはやらない。くさび形のエンボスの感じも。JAGUARのロゴも型があまいんですよ。でもそれが味といえば味ですよね。

──状態もよかった?

シートもオリジナルのままでやぶけてなかったし。これはジャガーデイのコンテストで、前のオーナーが賞をとったそうです。

これの前に乗っていたのが、いまは部品取り用になっているシリーズ3で、21万キロ走った。それで、エンジンをかえるか、買いかえるか迷っていたら、これがでてきて。エンジンは伝統の直列6発。まったくのオリジナルです。ほんとうはインマニ(インテークマニホールド 燃焼室に混合気を導入するための多岐管)かえて、キャブレターもウェーバー社の3連くらいにしたほうが調子もいいし、落ち着くかもしれないけれど。「Eタイプ」が人気で、パーツがそろっているからだとおもうんですけど、インマニもキットがあるんですよね。

乗ってみますか?