愛らしさを優雅に彩る「ヴァン クリーフ&アーペル」|Van Cleef & Arpels

世界のジュエリーブランド

Van Cleef & Arpels|ヴァン クリーフ&アーペル

連載|第4回 ヴァン クリーフ&アーペル(1)

100年以上の歴史を通して、詩情溢れる気品に満ちたジュエリーを作り続けている「ヴァン クリーフ&アーペル」。独創的なデザインが描き出すフェミニンな可愛らしさ、ドラマチックな美しさは、世界中の女性たちの憧れの的。ジュエリーへの情熱を雄弁に語りかけるハイジュエラーの美学を堪能してほしい。

Text by NOGUCHI Minako

愛を祝福するメゾンが紡ぐラブストーリー

ヴァン クリーフ&アーペルが織り成す、愛に満ちたラブストーリーは、創立者であるエステル・アーペルとアルフレッド・ヴァン クリーフのふたりが紡いだ愛の物語りの軌跡といえる。

運命に導かれるように出会った宝石商の娘、エステル・アーペルと宝石細工職人のアルフレッド・ヴァン クリーフは、1895年に結婚。宝石への情熱が強かったふたりは結婚を機に、エステルの兄弟とパートナーシップを組み、ジュエリー制作に打ち込んだ。類い稀なる芸術性と革新的な技術によって生み出されたジュエリーは、審美眼に優れた女性たちの羨望の的となり、瞬く間にハイジュエラーへと発展いく。

世界のジュエリーブランド、Van Cleef & Arpels|ヴァン クリーフ&アーペル

1895年、エステル・アーペルとアルフレッド・ヴァン クリーフの結婚によってジュエラーの歴史が始まる

世界のジュエリーブランド、Van Cleef & Arpels|ヴァン クリーフ&アーペル

1906年、パリのヴァンドーム広場にオープンした最初のブティック

ヴァンドーム広場にブティックをオープンしたのは、1906年のことだった。以来現在に至るまで、パリのラグジュアリーの象徴である、その場所がメゾンと本拠地となっている。その後、フェミニンかつロマンチックなクリエーションは、フランス国内のみならず、世界中の女性の心をときめかせ、1930年代から国際的な進出がスタートした。

世界のジュエリーブランド、Van Cleef & Arpels|ヴァン クリーフ&アーペル
世界のジュエリーブランド、Van Cleef & Arpels|ヴァン クリーフ&アーペル

1942年に、ニューヨークで北米1号店となるブティックを開店。日本へは1973年に初出店を果たし、現在は日本各地に17店舗を展開している。

創立当初からメゾンがこだわり続けているのは、最も美しく、優れた宝石を厳選すること。ダイヤモンドやカラーストーン、マザーオブパール、ハードストーン……いずれも秀逸なクオリティであることはもちろん、心を揺さぶるような魂を秘めた宝石を追い求めてきた。

息を飲むほどに美しい、エモーショナルな輝きを放つ宝石は、自然や文学、芸術などから想を得て、優雅に、大胆にデザインされ、ハイジュエリーへと昇華する。

『真夏の夜の夢』『ピエール ド カラクテール』など、その魅惑的なコレクションは世界中の人々を虜にし、昨年発表された『ポーダンヌ』の愛らしくエレガントなジュエリーもまた、羨望の的に。豊かな感性は、身につける女性に幸福の魔法をかけてくれる。

Page02. クラフツマンシップを貫く芸術的ジュエリー

問い合わせ先

ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク

0120-10-1906

http://www.vancleefarpels.com/