レクサス各モデルに氷雪上で試乗|LEXUS

レクサス各モデルに氷雪上で試乗|LEXUS

CAR IMPRESSION

LEXUS|レクサス

レクサス各モデルに氷雪上で試乗

運転の楽しさを改めて思い出させてくれた

レクサスは、氷雪の非日常の世界で、ドライビングを学び、楽しむためのイベント「レクサス・アメージング・スノーエクスペリエンス」を北海道は十勝サーキットで開催。一般の参加者とともにこのイベントを体験したモータージャーナリスト、小川フミオ氏によるリポートをお届けする。

Text by OGAWA Fumio

守られているような安心感がある──LX570

アメージングをキーコンセプトにしたレクサス。文化活動でもドライビングでも、楽しみを与えてくれている。2016年1月には「レクサス・アメージング・スノーエクスペリエンス」と題して、北海道で雪上ドライブを楽しむ機会を与えてくれた。

「プロドライバーのコーチングにより走ることを学び、愉しむ。そんな大人の「遊び」を、氷雪の非日常世界で体験するスノードライビングレッスン」と謳われた、このイベントは、積雪の十勝スピードウェイで開催された。

スキーやスノーボードなど、ウィンタースポーツを楽しむレクサスオーナーは多い。SUVもラインナップに持つうえに、先頃、本格的クロスカントリー型4WDである「LX570」も発売したレクサス。各車の雪上性能は気になるところだ。

LEXUS LX570|レクサス LX570

LX 570

LEXUS LX570|レクサス LX570

十勝スピードウェイには、なんと、上記LX以外にも、「RX」「NX」というSUVをはじめ、「GS F」と「RC」シリーズというスポーツモデルが用意された。GS FやRC Fは、(雪が積もっていない)サーキットがもっとも似合うクルマだが、これで雪上走行をさせてしまうレクサスの方針は、じつに面白いではないか。

走った特設コースを説明しておこう。一つは、「スノーマウンテン」と名づけられ、ヒルクライム、スラローム、ジャンプ、モーグルなどで構成される。二つめは「タイムトライアル・オン・ザ・スノートラック」。規定タイムに近い走りを競い合う特設コース。三つめは、「アイススケーティング」と呼ばれる氷盤トラック。

「スノーマウンテン」では、LX570に乗った。オフロード用の低速クルーズコントロールといえるクロールコントロールが装備されている。車両が自動で速度調節してくれるシステムだ。自動ブレーキで斜面をくだる時、まかせていれば大丈夫だろうという期待感とはうらはらに、40度の急勾配ゆえ、かなりスリルがある。あまりに急勾配なので、ドライバーの眼の前には空のみしか見えない。次の瞬間、車両が下を向くと、まっさかさまに転落する感覚にとらえわれる。

LEXUS LX570|レクサス LX570
LEXUS LX570|レクサス LX570

車両は、しかし、ギュッギュッと雪を踏みしめながら、安定して坂を下っていく。アプローチアングルが25度あるので、ノーズをつっこむこともなく、脱出できる。最初はスリリングだが、一度体験すると、クルマに絶大な信頼性を置くようになる。

LX570は、最大登坂能力45度に加え、斜面に沿って走る最大安定傾斜角44度を誇る。クロカン型4WDの定番ともいえるペリメーターフレームを持つLX570は、サスペンションのストロークが長く、コブのある路面でも地面からタイヤが離れる場面はごく少ない。しかも路面からの不快な突き上げを抑えてくれる。ドライバーは確実なステアリング操作に集中できる。これも高い走破能力につながるのだ。

全長5m、全高1.9mの大型車体を活かし、7名乗車のLX。広くて、視点の高い運転席にいると、守られているような安心感がある。女性ドライバーにも人気というのがわかる。