メルセデス-AMG A45 4MATICに試乗|Mercedes-AMG

メルセデス-AMG A45 4MATICに試乗|Mercedes-AMG

CAR IMPRESSION

Mercedes-AMG A45 4MATIC|メルセデス-AMG A45 4MATIC

メルセデス-AMG A45 4MATICに試乗

AMG本来のキャラクターを獲得

昨年、ビッグマイナーチェンジが施されたメルセデス・ベンツ「Aクラス」。今や、メルセデスのサブブランドとして、ブランド名がメルセデス-AMG となった「A45 4MATIC」も新しくなった。では、Aクラスでもっともハイパフォーマンスな同モデルは、初期型モデルからどう進化したのか。モータージャーナリスト大谷達也氏が試乗した。

Text by OTANI TatsuyaPhotographs by ARAKAWA Masayuki

デビュー当初はスパルタンだった

「かなりのジャジャ馬だなあ……」

初めてメルセデス-AMG 「A45 4MATIC」に試乗したとき、そう感じたことが今も強く記憶に残っている。もっとも、このモデルがデビューした当時の正式名称はメルセデスベンツ「 A45 AMG 4MATIC」。しかし、メルセデスはサブブランドであるAMGやマイバッハのモデル名体系を改め、AMGであればメルセデス-AMG、マイバッハであればメルセデス-マイバッハとし、いずれもサブブランド名をモデル名の前に持ってくることにした。このためA45の正式名称は、いまでは前述のとおりメルセデス-AMG A45 4MATICへと改められたのである。

Mercedes-AMG A45 4MATIC|メルセデス-AMG A45 4MATIC
Mercedes-AMG A45 4MATIC|メルセデス-AMG A45 4MATIC

それにしてもデビュー当初のA45はスパルタンだった。乗り心地は硬めで、タイヤは18インチでも路面から伝わるゴツゴツ感が強め。このためもあって轍の深い路面ではステアリングがとられそうになるし、ちょっとしたバンプをきっかけにしてタイヤのグリップが失われそうな予感(単なる予感で、必ずしも実際にそうなるわけではない)がして、“量産4気筒エンジン”として史上最高出力の360psを有効に使い切れない。そのエンジンにしてもパワーがやや唐突にわき上がる傾向があり、扱い易いとは言いづらかった。

あれからおよそ3年を経て、Aクラスにビッグマイナーチェンジが施された。余談ながら、メルセデスはビッグマイナーチェンジによって製品の完成度を大幅に引き上げたことがこれまでにも何度もあったので、今回の改良によりA45がどの程度生まれ変わったのか、興味津々でステアリングを握ることになった。