新型アウディ TTに試乗|Audi

新型アウディ TTに試乗|Audi

CAR IMPRESSION

Audi TT|アウディ TT

新型アウディ TTに試乗

TTは明らかに新しい時代に入った

昨年の夏、日本へ導入された3代目アウディ「TT」。9年ぶりにフルモデルチェンジを受け大きく進化した新型に、モータージャーナリスト小川フミオ氏が改めて試乗してみた。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

一新されたパワートレイン

人気のスポーティクーペ、アウディ「TT」が3代目にフルモデルチェンジ。日本のラインナップは、169kWの2リッターエンジンの「TT」(前輪駆動と4輪駆動のクワトロ)、よりパワフルな210kWの「TTS」、そしてソフトトップを備えたフルオープンの「TTロードスター」という3モデルで構成される。

全体の印象は、いわゆるTTスタイルの継承。クルマ好きが観れば、ひと目でTTとわかるシルエットだ。アウディではボディのデザインを引き合いに出し、「(初代という)原点に戻る」としている。しかし懐古的になっているわけではない。ショルダーやホイールアーチの強調や、LEDヘッドランプの採用など、各所に新しさを盛り込んでいる。とくにリアから観ると、とくに先代との違いが明確だ。

Audi TT Coupe|アウディ TT クーペ

Audi TT S

Audi TT Coupe|アウディ TT クーペ

新しいという点ではパワートレインも一新された。TTクーペ2.0 TFSIと名づけられた前輪駆動版は、従来型が1.8リッターであったのに対して2リッター4気筒を搭載。同じエンジンは、フルタイム4輪駆動のTTクーペ2.0 TFSIクワトロと、オープンのTTロードスター2.0 TFSIクワトロも共用する。

169kW(230ps)の最高出力と、370Nmの最大トルクを発生する2リッターユニット。従来(211ps、350Nm)と比較すると、数値的にパワフル。かつボディは最大60kg軽量化している。パワーと燃費効率ともに向上したとアウディでは謳う。2リッターエンジンはさらにパワーアップされて、TTラインナップでは(現在)頂点に位置するTTSクーペに搭載される。最高出力210kW(286ps)と最大トルク380Nmを発生。TTおよびTTロードスターと同様、6段のデュアルクラッチトランスミッションと、クワトロシステムが組み合わせられる。

Audi TT S|アウディ TT S
Audi TT Coupe|アウディ TT クーペ

クワトロシステムは、センターデフに電子制御式マルチプレートを使い、走行や路面の状況に応じて瞬時に前後へのトルク配分を調整するようになっている。エコからスポーツまで5つのモードを持つ「アウディドライブセレクト」は、選択に応じて、このクワトロシステムをはじめ、アクセルの応答性、変速タイミング、オートエアコンなどの制御マッピングが自動調整する。

新しさという点では、もうひとつ、インフォテインメントシステムの充実ぶりがあげられる。とりわけ注目に値するのは、バーチャルコクピットの採用だ。これまでの機械式メーターを廃し、速度計もエンジン回転計も虚像としている。そしてスイッチで切り替え可能で、12.3インチの画面にナビゲーションの地図画面などを大きく表示することもできる。「新型A4」や「新型Q7」など、新世代のアウディ車で採用されつつある技術の(日本市場における)先取りだ。

アウディTTクーペとロードスターは、なにより、位置づけがユニークだ。