フォーエバーマークのロンドン本社を取材!|FOREVERMARK

フォーエバーマークのロンドン本社を取材!|FOREVERMARK

WATCH&JEWELRY FEATURES

FOREVERMARK|フォーエバーマーク

Standards of excellence that promises everlasting value.

永遠の価値を約束する、こだわりのダイヤモンド

ロンドンに訪ねたフォーエバーマーク本社で、その壮大な旅を体験する(1)

ダイヤモンドの中心に、原石が採掘されてから、輝く宝石になるまでの過程を“約束”する、個別認証ナンバーが印されたフォーエバーマーク ダイヤモンド。先ほど実施された 「約束コンテスト」にて“「ありがとう」「ごめんなさい」「愛してる」を忘れない。”という約束で最優秀賞を受賞した山田裕宇記さん/麻奈さんご夫妻は、フォーエバーマーク ダイヤモンドの壮大な旅を追体験しながら、ダイヤモンドの見極め方までを学ぶためにロンドンへ。デビアス グループの一員であるフォーエバーマークの本社を訪ねた。

Text and photographs by Shigekazu Ohno(lefthands)

永遠の輝きをもつ、ダイヤモンドの価値と歴史

「ダイヤモンドは永遠に」──1971年に公開された映画『007』シリーズのタイトルにもなった名コピーは、世界におけるダイヤモンド産業の最大手デビアス グループの広告キャンペーンから生まれたもの。

ダイヤモンドは「地球上でもっとも硬い鉱物」として知られ、コピーのとおり、永久にその輝きを失うことがない。名前の語源は、ギリシャ語の「アダマス」。その硬さゆえに「征服されざるもの」の意味をもつことから、人類の歴史においては、つねに王侯貴族など最高権威をもつ者の身を飾ってきた。

至高の美しさと強さを備えたダイヤモンドは、地下150〜200kmという地球の核の部分で、想像を絶する高温と高圧のもと、気の遠くなるような年月をかけ、“奇跡的に”つくり出される。若いものでおよそ9億歳、年を経たものだと42億5000万歳にも達する。

FOREVERMARK|フォーエバーマーク 1

フォーエバーマーク本社に展示されるダイヤモンドの母岩「キンバーライト」

ダイヤモンドをエンゲージリングにして贈る習慣は、1477年にはじまったとされている。のちのローマ帝国皇帝となるオーストリアのマキシミリアン大公が、ブルゴーニュ公女マリーに贈ったものが、その最初のものとして知られている。ダイヤモンドのもつ「不屈の力」「永遠」の意味を、結婚の誓いに重ねたことは、当時多くの共感を呼び、以降、ダイヤモンドはエンゲージリングの定番となっていく。

327_04_forevermark

デビアス グループが2008年にデビューさせたブランド「フォーエバーマーク」のダイヤモンドには、そうした永遠の愛を交わすふたりにふさわしい、ある約束が印されている。ひとつひとつのダイヤモンドに、ブランドのアイコンとともに印されるのは、世界にひとつだけであることを保証する個別認証ナンバー。印の深さは、わずか1/20ミクロン。肉眼ではなく、特別なビューワーを使ってのみ認識できる。

この印が約束するのは、フォーエバーマーク ダイヤモンドが、高い社会的・環境的基準を満たす鉱山からのみ採掘されていること。また、事業の収益が産出地における雇用創出

だけでなく、医療・教育などの充実にも貢献していること。トップクラスの研磨職人の手によってのみ研磨がほどこされること──フォーエバーマーク ダイヤモンドは、その時空を超えた壮大な旅の行程すべてを“約束”している。その厳しい基準を満たすのは、世界のダイヤモンドの1%に満たない。