新型ポロ GTIのMTモデルに試乗|Volkswagen

新型ポロ GTIのMTモデルに試乗|Volkswagen

CAR IMPRESSION

Volkswagen Polo GTI |フォルクスワーゲン ポロ GTI

新型ポロ GTIのMTモデルに試乗

フォルクスワーゲンの常識を覆すモデル

今やすっかり一般的となったDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)。この革新的なメカニズムを手がけるメーカーの草分けともいえるフォルクスワーゲンが、「ゴルフ R」「ゴルフ GTI」、そして「ポロ GTI」という3台のスポーツモデルに6段MTモデルを追加した。同社が目指すクルマづくりを、ポロ GTIの 6段MTモデルに試乗した大谷達也氏が読み解く。

Text by OTANI TatsuyaPhotographs by ARAKAWA Masayuki

ダウンサイジングならぬアップサイジング

今やスーパーカーからコンパクトカーまで幅広く採用されているDCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)。ベースがマニュアルギアボックスだからダイレクトなフィーリングが味わえるうえに効率が高く、しかもシフトがスムーズかつ素早いことが数多くのモデルに搭載されている最大の理由だろう。

ところでこのDCT、世界で最初に量産車に採用したのがフォルクスワーゲン・グループだったことをご存じだろうか? 私は2003年にニースで行われたアウディTT 3.2 クワトロ DSG(その後Sトロニックと名称を改めたが、アウディも当時はDCTのことをDSGと呼んでいた)に試乗し、その優れたスポーツ性とスムーズさに圧倒されたのをよく記憶しているが、DCTはマニュアルギアボックスで常識だったHパターンのシフトが不要なため、多段化が容易という副次的なメリットが存在する。

Volkswagen Polo GTI |フォルクスワーゲン ポロ GTI
Volkswagen Polo GTI |フォルクスワーゲン ポロ GTI

実際、フォルクスワーゲンのDSGモデルは現状ではその多くが7段とされているが、フォルクスワーゲンが推し進めてきたもうひとつの技術であるダウンサイジングエンジンの効率を高めるうえでギアボックスの多段化は大きな効果があり、いまやダウンサイジングエンジン+DCTがヨーロッパ製コンパクトカーのデファクトスタンダードとなっていることは皆さんもご承知のとおりである。

このフォルクスワーゲンの常識を覆すモデルが登場した。それが最新の「ポロGTI」である。

現行の5世代目ポロにGTIが追加されたのは2010年のこと。このとき登場したポロGTIはターボチャージャーとスーパーチャージャーのふたつで過給する最高出力179psの1.4リッター直噴ガソリンエンジンと7段DSGを搭載しており、ダウンサイジングコンセプトのまさにど真ん中を捉えた構成となっていた。

ところが、2015年2月に行ったマイナーチェンジで、ポロGTIのエンジンはターボチャージャーのみを取り付けた最高出力192psの1.8リッター直噴ガソリンエンジンに置き換えられた。つまり、ダウンサイジングならぬアップサイジングが施されたのだ。これに呼応するかたちで6月にはDSGモデルに加えて6MTモデルを発売。「小排気量直噴過給エンジン+多段ギアボックス」というダウンサイジングの潮流に逆行する仕様がここに誕生したのである。