第5世代Eクラス登場|Mercedes-Benz

第5世代Eクラス登場|Mercedes-Benz

CAR NEWS

Mercedes-Benz E-Class |メルセデス・ベンツ Eクラス

第5世代Eクラス登場

メルセデス・ベンツは、北米国際自動車ショー=NAIAS(通称デトロイト モーターショー)において、現地時間1月11日にフルモデルチェンジを果たした新型「Eクラス」を初公開した。注目は、先に登場したフラッグシップセダン「Sクラス」やDセグメントモデル「Cクラス」と同じ最新のデザイン言語を使用してデザインされたエクステリアと、より高級感を向上させたインテリア、そして自動的に車線変更をする機能などを盛り込んだ、より進化した安全運転支援システム「DRIVE PILOT」の搭載などである。

Text by SAKURAI Kenichi

SクラスやCクラスと統一感のとれたデザインへ

予想以上ともいえる多くのニューモデルやコンセプトカーの登場で沸き上がった今回のデトロイト モーターショーの中でも、主役ともいうべき全世界注目のモデルが、フルモデルチェンジされた新型「Eクラス」であったことに異を唱える者はいないだろう。今回のショーで一般公開を果たした新型Eクラスは、正しく紹介するならば、ショー開幕の前日に行われたニューイヤーレセプションでワールドプレミアの瞬間を迎えた。

コードネームは“W213”、1995年に登場した初代モデルから数え第5世代に進化した新型Eクラスは、いうまでもなく「Cクラス」と「Sクラス」のちょうど中間ともいうべきEセグメントに属するモデル。主力モデル3台がSクラスに端を発した最新デザイン言語でのフォルムに統一されたことにより、かつて「ミディアムクラス」と呼ばれていた同車のポジショニングが、自ずと思いおこされた。

Mercedes-Benz E-Class |メルセデス・ベンツ Eクラス
Mercedes-Benz E-Class |メルセデス・ベンツ Eクラス

新型と聞いて誰もが気になるそのデザインは、前述のとおりCクラスとSクラス両車の流れを汲んだクーペのような流麗さを持ち、ひと目でメルセデスだと分かるキャッチーなアピアランスを備える。立体的なフロントグリルから続くヘッドライトやボンネット、そしてボディサイドまでの曲面は、より一体感を増し、彫刻的なソリッド感をもたらす。テールライトデザインはCクラス同様、トランクリッド左右にコンパクトに収まる。CクラスやSクラスとの統一感も、大きな開発テーマであったに違いない。

このスポーティなデザインのボディサイズは全長が43mm延長され、従来モデルの4,880mmから4,923mmとなり、ホイールベースも2,874mmから65mm伸ばされ2,939mmとなったた。スタイリッシュでダイナミックなショートオーバーハング、ロングホイールベース、そして大きなホイールを収める張り出したフェンダーなど、CクラスやSクラスのエクステリアデザインをさらに洗練させた印象をもたらす。