新型メルセデス・ベンツ Vクラスに試乗|Mercedes-Benz

新型メルセデス・ベンツ Vクラスに試乗|Mercedes-Benz

CAR IMPRESSION

Mercedes-Benz V Class|メルセデス・ベンツ Vクラス

新型メルセデス・ベンツ Vクラスに試乗

ワンボックス スタイル リムジンとしての資質が大幅アップ

2015年にフルモデルチェンジを受け、3代目へと進化したメルセデス・ベンツのミニバン「Vクラス」。日本への導入がスタートしたばかりの同モデルに、モータージャーナリストの大谷達也氏がさっそく試乗した。

Text by OTANI TatsuyaPhotographs by ARAKAWA Masayuki

克服された弱点

国際試乗会で海外を訪れた際、かなりの確率で私たちを空港まで出迎えにきてくれるのがメルセデス・ベンツ「Vクラス」。背の高い大型ワンボックスカーゆえに3列シートでも車内は広々。ラゲッジスペースの奥行きはやや短めながら4人分のスーツケース(ただし機内持ち込みサイズ)をラクラク呑み込むスペースユーティリティの高さは実に心強く、このカテゴリーでは日本未導入のフォルクスワーゲン「トランスポーター」と並ぶ“最強ジャーマン・ミニバン”として知られている。

もっとも、弱点がないわけではなかった。大きいボディに大きな開口部と不利な条件が揃っているのでボディ剛性はやや心許なく、これが乗り心地に悪影響を与えていたのは紛れもない事実。端的にいえば路面から鋭い衝撃が加わったときの、いわゆるハーシュネスの処理が苦手で、ドシンというショックのあとに短いながらも軽い振動が尾を引くケースが少なくなかった。

Mercedes-Benz V Class|メルセデス・ベンツ Vクラス
Mercedes-Benz V Class|メルセデス・ベンツ Vクラス

また、ゴードン・ワーグナーがチーフデザイナーに就任して以降のメルセデスは内外装のクォリティ感が大幅に向上したけれど、つい先日まで現役だった従来型はこの面でも最新の水準には達しておらず、「メルセデスにしては高級感が物足りない」という傾向がなきにしもあらずだった。

そのVクラスが本国ドイツで3代目に生まれ変わったのは2014年のこと。以来、ヨーロッパで何度かお世話になったが、2列目ないし3列目に腰掛けただけでもボディ剛性が大幅にアップしたことは明らかで、おかげで乗り心地もぐんと向上。デザインとクォリティ感もワーグナー路線に一新されているのが印象的で、日本導入が心待ちにされる1台だった。