東京モーターショーに集結した、キーパーソンにインタビュー|CITROEN

東京モーターショーに集結した、キーパーソンにインタビュー|CITROEN

CAR FEATURES

CITROEN|シトロエン

シトロエン CEO リンダ・ジャクソン氏

シトロエンとは人びとをインスパイアするもの

DSラインがあたらしいブランドとして独立したいま、シトロエンはなにを目指すのだろうか。東京モーターショーに合わせてい来日したCEOのリンダ・ジャクソン氏に話を聞いた。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

“ちがっていたい”ひとのためのブランド

東京モーターショーには、欧州のベストセラー、「C4カクタス」をもちこんだシトロエン。丸みを帯びたシェイプに、「エアバンプ」と呼ばれるゴムのよう樹脂がドアに貼り付けてある。キュートでかつ躍動的なスタイリングが目を惹く。しかし彼の地であまりに売れていて、なかなか日本に輸入されないのが残念だ。シトロエン車の魅力は、多様性にある。ミニバンを作っても、遊び心もあるし、独自の機能もある。ユーザー本位なのだ。

フランスのシトロエンから今回のショーに合わせて来日したのは、リンダ・ジャクソンCEO。2014年6月に就任し、DSが独立したブランドになったいま、プジョーをふくめて3つのブランドのあいだの舵取りが重要な仕事になっている。日本では販売ネットワークが評価に追いついていないと見ることもできるが、まだまだ伸びしろのあるブランドだけに、これからの日本戦略は大いに気になるところだ。

――これまで、トンガッたイメージでシトロエンのいっぽうの極を牽引していたDSラインが、あたらしいブランドとして独立したいま、シトロエンの戦略はどのようなものになりますか。

私はシトロエンの未来にポジティブです。2014年6月に、シトロエンとDSが切り分けられたのは、とてもいいチャンスだと思っています。“シトロエン”のブランディングに集中できますから。DSとで2つの方向に引っ張られることなく、本来の価値を顧客に伝えていくことに、いまは専念しています。

リンダ・ジャクソン

リンダ・ジャクソン氏

Citroen C4 Cactus|シトロエン C4 カクタス

Citroen C4 Cactus

――シトロエンをどのようなブランドにしたいと思っていますか。

ひとことで言うと、“ちがっていたい”ひとのためのブランド。同時に“いい気分になる”ブランドです。ライバルが多い市場で戦うブランドですから、目立たなくてはならないというのが私たちの考えです。そこで見た目でも、他車とはちがう個性をもつ必要があります。それはなにかというと創造性。たとえばスタイルですね。C4カクタスには個性的なスタイルで、何にも似ていません。それがシトロエンにとって重要です。

――日本で売られている「C4ピカソ」や、「C4グランドピカソ」は、日本やドイツのミニバンとはちがう,独自の機能があって、そこは強みになるように思いますが。

スタイリングが、市場で成功するための第一の手段だとしたら、二番めは、機能性だと思います。そこには乗り心地もあるし、室内の作りこみや荷室の大きさなど日常的に使うなかで、シトロエンでなくてはと感じられる要素を重要視しています。たとえばC4ピカソは、シートアレンジの多様性や、スペース効率を考えぬいたモデルです。

――さきに「いい気分になる」という言葉が出ましたが、もうすこし詳しく説明していただけますか。

英語だと“feel good”と言っているのですが、べつの言葉だと”より楽ちんに生きられるように”となります。クルマだと、コネクティビティ、つまりワイアレスの技術と、多様なアプリを車内で使えるように、車内の機能とインフラストラクチャーを整備することです。それで日常生活でクルマの使い勝手をよりよくすることを狙います。あいにく通信がからんでいることなので、市場によって差が出てしまいますが。

シトロエンは、同時に、ヘリティッジを大事にすると言う。ハイドロニューマチックサスペンションの可能性もあるそうだ。