東京モーターショーに集結した、キーパーソンにインタビュー|BMW

東京モーターショーに集結した、キーパーソンにインタビュー|BMW

CAR FEATURES

BMW|ビー・エム・ダブリュー

コンパクトセグメント担当部長 ペーター・ヘンリッヒ氏

“駆け抜けるよろこび”が失われては、BMW車とは呼べない(1)

新型「7シリーズ」を発表したBMWジャパン。東京モーターショーのブースでも、目立つところに、全長5メートルを超えるボディをもつ、この最高級のセダンが飾られていた。いっぽう、売れ筋といえば、「X1」。同じ会場では、新型が熱い視線を浴びていた。インタビューしたのは、BMWにおいてコンパクトセグメントの担当部長を務めるペーター・ヘンリッヒ氏。新型X1をはじめ、前輪駆動プラットフォーム戦略を語ってもらった。

Text by OGAWA FumioPhotographs by ARAKAWA Masayuki

現在のセールスには満足している

―― BMWのラインナップでコンパクトモデルが増えたのが印象的です。2015年は「2シリーズ・アクティブツアラー」と、同「グランツアラー」、それに2015年10月に日本発売開始された新型X1ですね。

いま、コンパクトカー・セグメントは大きくなっているのです。世界的に見てもっとも大きいといえます。今後も成長はつづくでしょう。BMWも、2004年に「1シリーズ」を投入して以来、注目しているマーケットです。実際、カブリオレやクーペといったバリエーションの手応えはいいですし、X1も上々の売れ行きでした。いまは、ドイツの競合他社がここに参入してきたので、我われとしては、あたらしい世代へと成長する時期だと判断して、ラインナップを拡充しました。

BMW X1|ビー・エム・ダブリュー X1

BMW X1

コンパクトセグメント担当部長、ペーター・ヘンリッヒ氏

コンパクトセグメント担当部長、ペーター・ヘンリッヒ氏

―― クルマにはアーキテクチャーという用語があって、基本骨格と訳したりします。コストがかかるものですが、ひとつ開発すると、それをベースに多車種が展開できるというメリットがありますね。フォルクスワーゲンなどは有名ですが、BMWでもついに前輪駆動のアーキテクチャーを展開するのですね。それにはどんなメリットがありますか。

X1と2シリーズ・アクティブツアラーの例でおわかりになるとおり、車種のバリエーションが豊かになるということです。新型X1のプログラムがあったから、実際に発表した順番は前後しましたが、2シリーズ・アクティブツアラーと同グランツアラーが生まれたのです。当初これらのMPV(マルチパーパスビークル)に市場はあるのか、わからなかったので、私たちにとっても冒険でしたが、はたして現在のセールスには満足しています。

BMWのラインナップが前輪駆動化することを気にする向きもあるようだ。はたして……?