ふたりのキーマンが語る、テーブルウェア「COSMIC DINER」|DIESEL LIVING

DIESEL LIVING|ふたりのキーマンが語る、テーブルウェア「COSMIC DINER」

DESIGN FEATURES

DIESEL|ディーゼル

セレッティとのコラボレート第二弾は、宇宙をテーマに生まれたテーブルウェア

ふたりのキーマンが語る「DIESEL LIVING with SELETTI」(1)

毎日の食卓をアートな空間に ―― ディーゼルのブランド哲学が反映された、“プレミアム・カジュアル・リビング”を提案するホームコレクションライン「DIESEL LIVING(ディーゼル リビング)」。イタリアのインテリア&デコレーションブランド「SELETTI(セレッティ)」とコラボレーションしたテーブルウェア第二弾が、東京デザインウィーク期間中に、「DIESEL SHIBUYA」を舞台に日本ではじめて紹介された。

Photographs by jamanadfixText by KAJII Makoto

常識にとらわれないユニークな発想

ディーゼルがはじめて手がけたテーブルウェア「DIESEL LIVING with SELETTI」は、ふたりの男の出会いによって生まれた。

ひとりはディーゼル創始者のレンツォ・ロッソの子息、アンドレア・ロッソ(ANDREA ROSSO)。リビングコレクションやフレグランス、ウォッチ、アイウェアといった他社とのコラボレーションにより生まれるライフスタイルブランドとしてのディーゼルをとりまとめるクリエイティブ ディレクターを務める。

もうひとりは、セレッティのアートディレクター、ステファノ・セレッティ(STEFANO SELETTI)。彼も創業者、ロマノ・セレッティの子息で、1990年代以降、あらたな素材をつかったテーブルウェアコレクションをつぎつぎに生み出している。

DIESEL LIVING with SELETTI|テーブルウェアコレクション「COSMIC DINER」
DIESEL LIVING with SELETTI|テーブルウェアコレクション「COSMIC DINER」

ディーゼルがかんがえるプレミアムの解釈をくわえながら、セレッティの歴史と技術によってデザインされた「DIESEL LIVING with SELETTI」。その第一弾「MACHINE COLLECTION(マシーンコレクション)」は、工具という意外なアイテムから着想したデザインで、「エル・デコ インターナショナル デザイン アワード2015」を受賞して話題となった。

そして来春に発売が予定されている第二弾、宇宙をテーマとして、9つの惑星と太陽、月の幻想的なうつくしさを表現するテーブルウェア「COSMIC DINER(コズミック ダイナー)」が生まれた。“テーブルのうえに宇宙空間が生まれる”ユニークなコレクションは、早くも「Wallpaper Design Awards 2015」を受賞している。

DIESEL LIVING with SELETTI|テーブルウェアコレクション「COSMIC DINER」
DIESEL LIVING with SELETTI|テーブルウェアコレクション「COSMIC DINER」

Pag02. アイロニーにタフさをくわえて表現する“ジョイ”