100周年記念の限定ボールペン「849 ポール・スミス」|PAUL SMITH AND CARAN D’ACHE

PAUL SMITH AND CARAN D’ACHE|100周年記念のボールペン「849 ポール・スミス」

DESIGN PRODUCT

Paul Smith and Caran d’Ache|ポール・スミス & カランダッシュ

創業100周年を記念したコラボレーションが実現

洗練のカラーリングをまとった、限定の「849」

スイスの名門筆記具ブランド「Crand d’Ache(カランダッシュ)」は、Paul Smith(ポール・スミス)とコラボレーションした限定ボールペン「849 ポール・スミス」を発売する。創業100周年を祝う限定色、10色がラインナップされている。

TSUCHIYA Motohiro(OPENERS)

ポール・スミスが選んだ特別色をまとう

1915年にスイス・ジュネーヴに創業したカランダッシュ。創業以来、細部のパーツにいたるまでスイスの自社工場で製造する、数少ない筆記具のマニュファクチュールだ。その「カランダッシュ」といえば「849(はちよんきゅう)」コレクションをおもい浮かべる人が少なくない。六角の手なじみのよいフォルムは、一度使うと手ばせなくなる愛好者が多いという。

327_03
327_03

この造形は、鉛筆製造を端緒とする矜持を示すものであり、現在のシャープペンシルの原型となった「フィックスペンシル」の発売以来、カランダッシュを象徴するフォルムとして、さまざまなペンで採用されている。1969年の発表以来、849コレクションも六角のフォルムを貫き、現在までブランドのアイコンとして、数えきれないほどの色とデザインパターンのペンが発売されている。

今回のコラボレーションでは、このペンの愛好者でもあるポール・スミス氏が、創業100周年のスイスブランドのために特別なカラーをセレクト。限定ボールペンの発売にあたってポール・スミス氏は、「私はカランダッシュのペンを長年使いつづけてきました。そしてカランダッシュの創業100周年をお祝いし、ユニークな新色10色をセレクトしました。みなさんに気に入っていただけるととても嬉しいです」と語った。

327_03
327_03

東京・銀座の「カランダッシュ銀座ブティック」では、100周年を記念して、カランダッシュとポール・スミスが制作した“100色の849コレクション”(非売品)を展示。特別なボックスに入り、ポール・スミスのストライプをペンで表現した希少な展示をおこなうという。こちらの展示にもぜひ注目してほしい。

卓越した色づかいで知られるポール・スミスが選んだという特別な10色をまとった特別な849ボールペン。

最近のポール・スミスのコレクションとも共通するカラーリングで、ファッションアイテムとしても魅力を備えている。間近に迫ったギフトシーズンにもぴったりの限定ボールペンといえそうだ。

限定「849 ポール・スミス」
価格|各7560円
発売日|2015年11月上旬
カラー|スカイブルー、デニム、ライラック、ミント、パテ、トープ、ソフトピンク、ストレートグレー、オリーブ、モーブ
※ポールスミスの一部店舗では、5色(モーブ、スカイブルー、ミント、ソフトピンク、スレートグレー)を展開

カランダッシュ 銀座ブティック
営業時間|11:00〜19:00
場所|東京都中央区銀座2-5-2
Tel. 03-3561-1915

問い合わせ先

カランダッシュ ジャパン

Tel. 03-6804-3201

http://www.carandache.co.jp/