新SLクラス 日本登場|Mecedes-Benz

新SLクラス 日本登場|Mecedes-Benz

CAR NEWS

Mercedes-Benz SL Class|メルセデス・ベンツ SLクラス

新SLクラス 日本登場

ラグジュアリーロードスターの代表格、メルセデス・ベンツ 「SLクラス」。その6代目となる新SLクラスがついに日本登場。六本木、メルセデス・ベンツ コネクションにて発表会がおこなわれた。

Text by SUZUKI Fumihiko(OPENERS)
Photographs by ARAKAWA Masayuki
& Mercedes-Benz

Sporty and Light

東京ミッドタウンで2012年3月18日から24日まで開催される「メルセデス・ベンツ ファッションウイーク東京2012-13 A/W」。その開幕をつげるイベントで、ついに新SLクラスが日本登場を果たした。

発表会の壇上にあがった、メルセデス・ベンツ日本株式会社、ニコラス・スピークス社長は、1952年に登場した「300SL」からはじまる、SLクラス60年の歴史を受け継ぎ、新SLクラスは「スポーティで目を惹き、オープントップの楽しさが、コンフォート、スタイリッシュ、そして安全に味わえる。SLとはスポーツ、そしてライト(軽量)を意味します」と語った。

詳細は既報にゆずるものの、スピークス氏の言葉どおり、11年ぶりのフルモデルチェンジとなった新SLクラスは、オールアルミボディシェルの採用によって軽量と高剛性を同時に達成したのが最大の特徴といえるだろう。

ラインナップは3.5リッターV6直噴エンジンを搭載し、最高出力225kW(306ps)、最大トルク370Nm、燃費14.7ℓ/km、0-100km/h加速5.9秒の性能を発揮するSL350 BlueEFFICIENCYが、ステアリング左右とも用意され1,190万円から。4.7リッターV8直噴ツインターボエンジンを搭載し、最高出力320kW(435ps)、最大トルク700Nm、燃費11.0ℓ/km、0-100km/h加速4.6秒のSL550 BlueEFFICIENCYが左ステアリングのみで1,560万円からとなる。

車両はファッションウイーク中、六本木ミッドタウン前「メルセデス・ベンツ コネクション」に展示されるほか、3月30日より、先行特別内覧会が催され、カスタム仕様をいちはやく注文できるという。納車開始は6月ごろの予定だ。

SL63 AMGと70台限定の特別仕様車も登場

同時に、さきごろ発表されたばかりのSL63 AMGも日本発売となる。こちらは「M156」とよばれるエンジンの後継ユニットである、5.5リッターV8ツインターボ直噴エンジン「M157」を搭載。最高出力395kW(537ps)、最大トルク800Nm、燃費10.1ℓ/km、0-100km/h加速4.3秒、0-200km/h加速12.9秒の性能だ。ステアリングは左で、日本での価格は1,980万円から。納車開始は8月ごろの予定だ。ちなみに、別途、195万円のAMGパフォーマンスパッケージをオプション設定すれば最高出力は415kW(564ps)に、最大トルクは900Nmにまで向上し、0-100km/h加速4.2秒、0-200km/h加速12.6秒というスペックになる。

さらに、SL550 BlueEFFICIENCYには「Edition 1」という70台限定の特別仕様車も用意されることが明らかになった。この「Edition 1」ではボディーカラーに専用色「マグネタイトブラック」を採用。通常はオプションとなるAMGスポーツパッケージや、19インチ5スポークアルミホイールが標準装備となる。内装は、ナッパレザーを使用したデジーノ クラシックレッドが先行採用されるほか、リトラクタブルハードトップ「バリオルーフ」には「マジックスカイコントロール」という、電圧によって透過率を変更するサンルーフがSL 63 AMG同様に標準装備となる。価格は1,730万円だ。

car_brand_top

exclusive_auto_collection
openers_car_top