全長100メートルにわたる大作「五百羅漢図」など全作品が日本初公開|MORI ART MUSEUM

MORI ART MUSEUM|村上隆、14年ぶりの大型個展『村上隆の五百羅漢図展』開催

村上 隆 「五百羅漢図」(部分) 2012 年 個人蔵
©2012 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

ART TOKYO Tips

MORI ART MUSEUM|森美術館

全長100メートルにわたる大作「五百羅漢図」など全作品が日本初公開

村上隆、日本で14年ぶりの大型個展『村上隆の五百羅漢図展』開催

日本を代表するアーティスト、村上隆氏。国内ではじつに14年ぶりとなる大型個展『村上隆の五百羅漢図展』が10月31日(土)、森美術館で開幕。全長100メートルもある超大作「五百羅漢図」など、全作品が日本初公開となる。2016年3月6日(日)まで。

Text by YANAKA Tomomi

期間中は俳優の斉藤工とのトークセッションなど多彩なイベントも

327_10

村上隆氏

戦後の日本をテーマに、オタクカルチャーやキャラクターと日本の美術史を接続する「スーパーフラット」という概念をもって、世界を席巻してきた村上隆氏。

その作品は、ベルサイユ宮殿やロックフェラーセンター前広場など、名だたる場所で披露されたほか、ルイ・ヴィトンとのコラボレーションを実現させるなど、現代美術を語るうえで欠かすことのできないアーティストだ。

国内では14年ぶりの個展となる本展。東日本大震災直後、いちはやく支援の手を差し伸べてくれたカタールへの感謝を込めて制作し、2012年にドーハで発表した全長100メートルある「五百羅漢図」(写真上)も日本で初披露される。

釈迦の教えを広めた500人の弟子が描かれたこの作品は、煩悩を滅し、人びとを救済するといわれており、江戸の絵師、長沢芦雪(1754〜1799年)や、狩野一信(1816〜1863年)らも描いてきた伝統あるテーマだ。村上氏は日本の美術大学から延べ200人のスタッフを集め、この巨大絵画を短期間で一気に完成させたという。このほか、大型彫刻作品から代表シリーズの最新作まで、すべてが日本初公開となる。

327_03
327_07

(写真左)村上 隆「五百羅漢図」(部分) 2012 年 個人蔵 展示風景:「Murakami – Ego」アル・リワーク展示ホール、ドーハ、2012 年 撮影: GION ©2012 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved./(同右)村上 隆「宇宙の産声」 制作中 Courtesy Gagosian Gallery, New York ©2015 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved.

期間中は「機動戦士ガンダム」などを手がけるアニメーション監督、富野由悠季氏とのトークセッションや、2013年に公開された村上隆の初監督映画『めめめのくらげ』の特別上映、同作に出演した俳優の斉藤工さんとのトークセッション(既に受付は終了)など、多彩なイベントも。

アートの概念を覆し、作品が発表されるたびに大きな反響を巻き起こしてきた村上隆氏。今回もまた、彼の作品はおおいに私たちを驚かせてくれることだろう。

『村上隆の五百羅漢図展』
会期|10月31日(土)~2016年3月6日(日)
時間|10:00~22:00 ※火曜は~17:00。ただし11月3日(火)は~22:00。
会場|森美術館
東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
入館料|一般1600円、学生(高校・大学生)1100円、子ども(4歳~中学生)600円

問い合わせ先

森美術館

Tel. 03-5777-8600(ハローダイヤル)

http://www.mori.art.museum