「Tablet Hotels」が厳選! いま、ロンドンで泊まるべきホテルTOP 5|TRAVEL

TRAVEL|いま、ロンドンで泊まるべきホテルTOP 5

いま、泊まるべきホテルTOP 5

TRAVEL|女ゴコロと秋のロンドン

こだわりを持つトラベラーのための予約サイト「Tablet Hotels」が厳選

いま、ロンドンで泊まるべきホテルTOP 5

泊まりたいのは、本当に価値あるホテルだけ――。そんなコンセプトを基に、世界中から厳選したユニークで魅力あふれるホテルだけを取り扱う宿泊予約サイト「Tablet Hotels(タブレット ホテルズ)」。2000年の設立以来、ホテルにこだわりを持つトラベラーたちのあいだで人気を博している。

ダイヤモンド・ジュビリー(エリザベス女王の即位60周年)、オリンピック、ロイヤル・ベビー誕生、ラグビーW杯と一大イベントがつづき、近ごろ話題に事欠かないロンドン。そんないま“熱い街”で泊まるべきホテルとは?

Text by MOROHOSHI AyakaEdited by TANAKA Junko (OPENERS)

1. 「ザ・ゼッター・タウンハウス・メリルボーン」(メリルボーン)

01

ロンドンですでに2軒のコンセプチュアルなホテルを手がけている「ゼッター」が、3軒目となる「ザ・ゼッター・タウンハウス・メリルボーン」をオープン。トレードマークとなっているボヘミアンな雰囲気と創造的なカクテルメニュー、それに負けないトップレベルの食事は当然健在。テーマは“変わり者のシーモア伯父さん”の所有地、ということで、ジョージ王朝式の建物のなかには、細かくアートディレクションの入った24部屋のゲストルームが用意されています。最上級のスイートは、丸1フロアを占め、テラスには屋外バスタブが。

The Zetter Townhouse Marylebone
28-30 Seymour Street, London, England
詳細はこちら▼
http://ow.ly/TkqUd

2. 「ザ・ベントレー・ロンドン」(ケンジントン)

04

ベントレーと言っても、同名の高級車メーカーとは関係ありません。サウス・ケンジントン地区に1880年からあるヴィクトリア朝式の建物に開業した「ザ・ベントレー・ロンドン」は、伝統を重んじた、威風堂々としたホテル。ゲストルームはどれもゆったりとした大きさで、高級感に溢れ、まさに由緒正しきロンドンの化身、と言わんばかりのリュクスな仕上がり。客室数は64と、大型のラグジュアリーホテルよりこじんまりしていて、個性を感じられるのが、ベントレーの一番の魅力となっています。

The Bentley Hotel
27-33 Harrington Gardens, London, England
詳細はこちら▼
http://ow.ly/Tkrgt

3. 「ハム・ヤード・ホテル」(ソーホー)

07

現在「ハム・ヤード・ホテル」は、ロンドンに拠点を置く「ファームデール・グループ」の最新作であり、最高作とも言える一軒。かなりまともなサイズに加え、リテール空間、レストラン&ラウンジ、屋上ガーデン、地下には176席ある映画館と4レーン入った小さなボーリング場といった施設が。客室にかんしては、鮮やかな色や柄に、ファンキーなアンティークとスタイリッシュな近代家具を組み合わせ、ほかにはないモダンな高級感を醸し出す、キット・ケンプ独特のセンスで仕上げられています。

Ham Yard Hotel
1 Ham Yard, London, England
詳細はこちら▼
http://ow.ly/TkrB5

4. 「ザ・ロンドン エディション」(フィッツロビア)

10

マリオットのブティックホテル・ブランドとして知られる「エディション」シリーズ。ロンドンも、パートナーであるイアン・シュレーガーと、トロントに拠点を置くヤブ・プシェルバーグがインテリアを手がけています。公共スペースは、建物が住宅だった1835年前後から現在まで、さまざまな時代のヒントを取り入れた、さり気なくポストモダンなデザイン。一方、客室はアーストーンが基調色となり、深みのある木材と現代的な調度品で、より近代的なムードとなっています。

The London EDITION
10 Berners Street, London, England
詳細はこちら▼
http://ow.ly/TkskZ

5. 「エースホテル・ロンドン・ショーディッチ」(イーストエンド)

13

エースホテルの海外進出第一弾となったロンドン。彼らはここ、イーストエンドで活躍する地元の実力派メンバーを揃えてプロジェクトに取りかかりました。結果できあがった「エースホテル・ロンドン・ショーディッチ」は、エースらしいカジュアルなクールさと、年季が入った本格派ロンドンの香りを兼ね備えています。ロフト風のスペースには20年代のビンテージ家具をあしらい、アメリカのエースならウールのアーミー・ブランケットを取り入れるところを、APCのカスタム寝具で上品な仕上がりに。

Ace Hotel London Shoreditch
100 Shoreditch High Street, London, England
詳細はこちら▼
http://ow.ly/TksW8


Tablet Hotels|タブレット ホテルズ

“ONLY THE HOTELS THAT MATTER 泊まりたいのは、本当に価値あるホテルだけ”―― Tablet Hotels(タブレット ホテルズ)は、こだわりを持つトラベラーのために、独自のテイストで世界中から素敵なホテルを厳選した、セレクティブな宿泊予約サイト。ローラン・ヴェルヌとマイケル・デイビスにより2000年に設立、本社はニューヨーク、日本語サイトを含め10カ国語で展開、世界に100万以上のユーザーを有する。現在掲載中のホテルは約2000軒。実際に宿泊したユーザーの評価が一定基準を下回るとサイトから除外するなど、セレクションのクオリティ維持に努めている。

問い合わせ先

Tablet Japan カスタマーサービス

Tel. 03-5772-6284 (平日10:00~17:00)

customerservice@tablethotels.jp

http://www.tablethotels.jp