坂本龍一、始動。幕開けは沖縄民謡「うないぐみ」との共演!|INTERVIEW

INTERVIEW|坂本龍一、始動。幕開けは沖縄民謡「うないぐみ」との共演!

LOUNGE INTERVIEW

INTERVIEW|『NEO GEO』から30年近く、坂本龍一が再び沖縄へ

「うないぐみ」古謝美佐子に訊く

坂本龍一が還ってきた。復帰第一弾は沖縄民謡グループ「うないぐみ」との共演シングル「弥勒世果報(みるくゆがふ)」。「うないぐみ」は、沖縄を代表するシンガー・古謝美佐子のグループである。そして坂本と古謝は、坂本が世界に旅立った『NEO GEO (1987)』以来の縁となる。この共演、そして沖縄の「いま」を、古謝美佐子が語った。

Photographs by JAMANDFIXText by KUMAGAI Tomoya(SLOGAN)

「ずっと、坂本さんのこの曲を歌いたいとおもっていたんです」

「童神」のヒットでも知られる古謝美佐子は、文字どおりに現在の沖縄を代表するシンガーである。ネーネーズでの活動とともに、坂本龍一のファンにはアルバム『NEO GEO』『BEAUTY』での活躍、オキナワチャンズの活動が知られているだろう。「うないぐみ」は、彼女があらたに結成したグループ。坂本龍一の復帰第一弾シングルは、この「うないぐみ」とともに、坂本の2004年作品「Undercooled」を共演したものとなった。

「ずっとこの曲に沖縄語の歌詞をつけて歌いたいとおもっていたんです」と古謝、そしてプロデューサーの佐原一哉が語る。

韓国語のラップがのっていた原曲、そこに今度は沖縄語の歌詞と三線によるメロディがのった。坂本はニューヨークでピアノを弾く。沖縄と大陸、本州、そしてアメリカ間の距離と空間、そしてそれぞれの想いを結晶したようなシングルとなった。そして今回のシングルにあるのは、その関係を越えたシンプルなメッセージである――“海の美しさ 青い海の美しさ 我々の島の 永遠の宝”(歌詞より)。

02

「いまこそ、沖縄の自然の美しさと恵みとを歌いたかった。“祈り”と言ってもいいかもしれませんね」(古謝)

UA、Coccoも参加。いま、どうして沖縄か

02

沖縄は揺れている。辺野古基地問題はいまもその渦中にある。

「世のなかがやっぱりおかしくなっている気がしますね。沖縄でも、たとえば基地による汚染がどれだけ酷いことになっているか、きっと多くのひとは知らないとおもうんです。このままでは“沖縄”がどんどん失われてしまう……」(古謝)

坂本も明確に語っている。「アメリカ軍基地の辺野古移設で沖縄の海と貴重な生態系に壊されることに反対です」。この楽曲のアーティスト収入の全額は、辺野古基金に寄付されることになる。

この主旨に賛同したUAは、家族で「つぶやき」に参加し(どんな言葉をつぶやいているか、ぜひ実際に耳に澄ませてほしい)、Coccoはカヴァーの絵を提供している。

ウチとソト――SAKAMOTO、そして沖縄の海

古謝と坂本の初共演となった『NEO GEO』、そして1989年の『BEAUTY』は、沖縄民謡をはじめてあらたなカタチで世界に提示したものだった。沖縄民謡とロックンロール、そしてエレクトロニクスとの融合は、ポップ・ミュージック、そして坂本独自の地理/空間感覚を示していまも斬新である。今回の共演シングルは、古くからのファンにとっても意義深いものになるだろう。

327_04

「そうですね、沖縄の音楽を紹介してくださったという意味で、坂本さんにはとても感謝しています。ウチとソトという境界線を越えたところで音楽をつくり、ご活動をされていますから。

個人的にも、いっしょにいろいろなところでレコーディングやコンサートをすることもできましたし。坂本さんが健康になられて、その復帰のタイミングでこの共演シングルが実現できて、本当に嬉しくおもっています」(古謝)

ちなみに楽曲名になっている「弥勒世果報」とは、「弥勒神がもたらす理想的で平和な世の中」の意という。このタイトルをつけたココロを、改めて訊いてみた。

02

「自然のなかにこそ理想があるというか……。沖縄、そして海にはそれがあるとおもいますし、それが簡単に失われてしまうのは辛すぎます。そしてこれも“自然な気持ち”というのかな、あたりまえの、綺麗なものは綺麗、好きなものは好き、という本当にあたりまえの感覚こそが大切なんじゃないかな、とおもうんです。それがひとりでも多くのひとに伝わってくれれば」(古謝)

まさしく、海の中で波の音を聴くような音楽である。

460_04

「弥勒世果報(みるくゆがふ)-undercooled」
うないぐみ+坂本龍一
発売日|10月7日(水) ※配信は9月16日(水)より先行スタート
仕様|CDシングル
価格|1080円(RZCM-59982)

「うないぐみ」は、古謝を中心に、初代ネーネーズの宮里奈美、比屋根幸乃にくわえ、かねてから親交のあった島袋恵美子の4人が2014年に結成した沖縄民謡グループ。ちなみに「うない」とは沖縄語で“姉妹”を指す言葉。

問い合わせ先

commmons/エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ

Tel. 0570-064-546(平日 11:00~18:00)

http://commmons.com