トヨタ、5ドアの小型クロスオーバーコンセプトを出展|Toyota

トヨタ、5ドアの小型クロスオーバーコンセプトを出展|Toyota

CAR NEWS

Toyota C-HR Concept|トヨタ C-HR コンセプト

トヨタ、5ドアの小型クロスオーバーコンセプトを出展

トヨタは9月27日(日)まで開催中のフランクフルトモーターショーでコンパクトクロスオーバーの「C-HR コンセプト」の5ドア仕様を出展。より市販車に近いスタイルが披露された。

Text by YANAKA Tomomi

販売を想定したモデルは来年3月のジュネーブでお披露目

昨年9月のパリモーターショーで、トヨタが提案する新世代のコンパクトクロスオーバーとして、はじめて登場した「C-HR」。ダイヤモンドをモチーフにした軽快さと力強さが表現され、近年のトヨタのデザインテーマである「キーンルック」や空力や冷却性能、歩行者保護まで配慮する「アンダープライオリティ」が採用されていた。

さらに進んだデザインスタディとして登場したのが、今回フランクフルトで出展された「C-HR コンセプト」。エクステリアはブラックルーフに、ボディカラーもより市販車に近いカラーを採用。さらに5ドア化へと変更されている。

Toyota C-HR Concept|トヨタ C-HR コンセプト 03
Toyota C-HR Concept|トヨタ C-HR コンセプト 06

また、生産についてもトヨタが推進する「Toyota New Global Architecture(TNGA)」の取り組みにもとづき、次期プリウスとおなじプラットフォームを使用。そして、燃費性能についてもエンジンの最大熱効率を40パーセント以上追求するとともに、モーターや電池などハイブリッドシステムのコンパクト化、軽量化を図り、さらなる低燃費性を目指すという。

なお、トヨタではC-HR コンセプトをもとにしたプロダクションモデルを、2016年3月のジュネーブモーターショーで公開する予定とアナウンス。“プリウスSUV”と目され、昨年のパリモーターショーからリファインされたC-HR コンセプトがどのようなスタイルで登場するのか。いまから続報を待ちたい。