クルマづくりに大事なもの|Mazda

クルマづくりに大事なもの|Mazda

CAR FEATURES

Mazda Design|マツダ デザイン

クルマづくりに大事なもの

クルマに命を与える――。2010年、マツダはデザインコンセプトを“魂動デザイン”と名付け、SUVモデル「CX-5」を皮切りにスポーツモデル「ロードスター」に至るまで、躍動感溢れるスタイリングとともにブランドイメージを一新してきた。では、そのデザインの源はどこから生まれたのだろうか。マツダ広報部曰わく、その答えのひとつは新潟県燕市にあるという。槌起銅器(ついきどうき)を手がける「玉川堂(ぎょくせんどう)」とマツダ、両社のモノづくりの世界に迫ってみた。

Text by OGAWA FumioPhotographs by TSUKAHARA Takaaki

伝統工芸とマツダデザインの共通点

マツダのクルマは、どれも好ましく見える。なぜかというと、(ひとによって理由はちがうかもしれないけれど)外観的には、プロポーションがいいうえに、ボディの面作り、塗装、プレスなど高品質な作りゆえだ。そこがクルマ好きの心に響く。内装もやはり、マツダ車は作りがよくて魅力的だ。

昨今、日本では“モノ作りの匠(たくみ)”といって、伝統的なクラフツマンシップによる高度な技術が注目されている。マツダが、その伝統工芸と自社のデザインに共通点を見出したと聞いても、それゆえ、理解できる組み合わせだなあと思うのである。2015年4月にイタリアで開催された「ミラノ・デザインウィーク(通称ミラノサローネ)」でマツダは、伝統工芸で知られる日本の匠とのコラボレーションを発表して、話題を呼んだのも記憶にあたらしい。

今年4月に開催された世界最大のデザインイベント「ミラノ・デザインウィーク」に出展したマツダのブース

ミラノで披露された「魂銅器(コドウキ)」は、玉川堂とマツダのコラボレーションによって生まれた

マツダのパートナーになったのは、新潟の燕市で、槌起銅器(ついきどうき)を手がけている玉川堂(ぎょくせんどう)だ。1816年の創業いらい槌(つち)で銅板を叩いて形を作る。急須ややかんや花器など、茶の湯から日常生活にいたる、あらゆる場面に合う高級な“道具”を手がけてきた会社である。

玉川堂の仕事ぶりは、かつて同社がフランスのシャンパンの老舗メゾンのために作ったクーラーで驚かされたこともある。まず造型の美しさと表面の仕上げの美しさに魅了された。それが、叩くことで、“伸ばすのでなく縮めて造型していく”という手法によるということで、さらに感心。

形作ったあとの焼き入れやコーティングなどを含めて、銅の性質を知り尽くした仕事ぶりは、匠にしか出来ない技と強く印象づけられたのである。

玉川堂のある燕市からもほど近い場所にある「弥彦神社」にて。越後地方のパワースポットとして知られる

玉川堂とマツダのコラボレーションは、マツダのデザインコンセプトである「魂動(こどう)」をテーマにした、その名も魂銅器(コドウキ)という銅器で結実した。日本のみならず海外でも大いに注目されたというこの作品はどうして生まれたのか。

その背景をきちんと説明しようと、マツダではさる8月に玉川堂訪問をはじめ、燕市で、興味ぶかいデザインワークショップを開いた。