ボリオリ 東京店で見つける旬な限定アイテム|BOGLIOLI

BOGLIOLI|ボリオリ 東京店で見つける旬な限定アイテム

FASHION NEWS

ボリオリ 東京店で見つける旬な限定アイテム

日本初となる路面店が東京・丸の内にオープン

2014年ミラノでの第1号店オープンによって、トータルコーディネートを提案するブランドへと進化を遂げた「BOGLIOLI(ボリオリ)」が、2015年9月12日(土)、満を持して東京に路面店をオープンする。丸の内の仲通りに面したショップでは、ブランドを代表するジャケット「DOVER(ドーヴァー)」をはじめ、よりエレガントな表情をもつ「NEW DOVER(ニュードーヴァー)」のほか、ニットやシャツ、パンツといったクロージングのフルラインが揃う。この路面店で出合えるのは、独自の正確な縫製とテクニックによってジャケットに“軽さ”や“心地よさ”という感覚をもたらし、さらに進化を続ける ボリオリのあたらしい世界観。またオープンを記念した限定アイテムは、コートやジャケット、レザーブルゾンなども展開される。クラシコに留まらないメンズファッションの潮流を体感してほしい。

Photographs by KOBAYASHI Takashi(ITARU Studio)Styling by SHIKATA Akihiro(OFFICE CODE)Text by ITO Yuji(OPENERS)

ドレスからカジュアルまで 男たちに愛される理由

「BOGLIOLI(ボリオリ)」には、100年以上にも及ぶ、服づくりの歴史がある。老舗ファクトリーとなると、いかにもクラシコ然としたものになりがちだが、ボリオリが違うのは変化を恐れない姿勢にある。それはただ大胆なだけではなく、パイオニアであるためには、10年以上もの歳月をかけ、数千着にも及ぶ 試作品を手掛けたという緻密な計算のもとに成立している。つまり、ボリオリが仕掛けているのは冒険ではなく、リアリティにもとづいた進化なのだ。このような背景のもとに、軽やかな着心地に欠かせないアンコン仕立て、そして味わいを醸し出す製品染めというブランドの個性は生まれた。それらの技が現在のメンズファッションにおける主流となっているのは、誰もが認めるところ。ボリオリ最大の功績は“クラシコを退屈にしなかったこと”にあるのだ。

ジョヴァンニ・マヌッチ氏に聞く 日本におけるボリオリの価値

現在のボリオリ社を率いるPresident & CEO Giovanni Mannucci(ジョヴァンニ・マヌッチ)氏。 東京の路面店オープンにあたり、日本のファッション界におけるボリオリの価値、そして関係についてうかがった。

日本でここまで人気となった理由は?
マヌッチ(以下M):2000年頃から日本の消費者は、個性を表現するモノを求めるようになったと思います。これは男性がパーソナリティーを前面に出すことに自信を持ち始めたともいえます。そこでボリオリは、厳格なファッションとは異なるアプローチ法を日本のカスタマーに提案しました。その秘策が成功したのではないでしょうか。

今後の日本におけるマーケティングについて
M:過去、ボリオリは、エクスクルーシヴなファブリックをつくり、日本のマーケットにあったアイテムを供給してきました。しかしこのアプローチは、過去のもの。今後も前進し続けるために、ブランドのシグニチャーとなる革新的でコンテンポラリーなコレクションを発表し、ブランドの価値に一貫性を持たせる必要があると考えています。

東京に路面店をオープンさせるに至った狙いとは?
M:日本での路面店オープンは、ブランドにとって必須のことでした。その理由は、よりパーソナルなサービスを提供することと、カスタマーからのリアルなフィードバックを得るためです。現在はスポーティな着こなしがトレンドとなっていますが、その空気感を察知し、あたらしいスタイルを提案するのがボリオリというブランドのあるべき姿。東京初の路面店は、私たちのこのビジョンを表現する絶好の機会であり、場でもあるのです。

今後のあたらしい取り組みを教えてください
M:つねに新しいプロジェクトや構想を推進、発展させ続けたいと思っていますし、ここ2年でそれを実行に移すための素晴らしいチームを構築してきました。東京に続き2016年にはニューヨークに路面店オープンを予定しています。ひとつだけ言えるのは、クラフツマンシップを大切にしながら、これまで以上に革新を続けることで、よりクオリティの高いプロダクトを提供することがなにより大切な使命だと考えています。

Boglioli_AD-104001_c_tagliata_2

Giovanni Mannucci|
ジョヴァンニ・マヌッチ

イタリア生まれ。 アメリカ マーシー大学にて BS、ケロッグにて MBA、スタンフォードにて M&A のポストマスターを取得。14 年間のアメリカ生活の後、ファッションビジネスへ。ラグジュアリーブランドにてさまざまな職種を経験 した後、ファイナンシャル、マニュファクチャー、ブランディングや商品開発な どのマーケティングを専門に。98 年、ロンドンの Deloitte コンサルティングへ入社。2006年にはイザイアのCEOに就任。13 年 株式ファンドWiseのメンバーとなり、ボリオリのPresident&CEO に就任。

丸の内限定アイテム
今季のボリオリは色と素材、シルエットで楽しむ

グレーやキャメルといった定番カラーをメインアイテムに使いながら、サイジングはコンパクトな仕上がりとなっているのが2015-16の秋冬コレクションの特徴。ジャケットは着心地をキープしながらよりシャープに、そしてボトムスはゆとりをもたせたテーパードシルエットによって、あたらしいバランス感が表現されている。また、ベーシックなカラーパレットに、オレンジやブルーといったアクセントカラーをくわえて、60~70年代のミラノのブルジョワジーたちが楽しんでいた、さり気ない優雅さが薫る色遣いとなっているのも見逃せない。ドレス、カジュアルともに端正ながらもリラックス感のある着こなしを楽しめるアイテムが充実している。

Exclusive Items for DRESS STYLE

これまでルールに縛られがちだったドレススタイルを変えたのも、ボリオリの力によるところが大きい。「ドーヴァー」や「ヨーク」「イートン」といったモデルは新時代のビジネススタイルの定番となったことからも、その影響力はうかがえる。そして、今回「ニュードーヴァー」が加わることで、メンズのドレスアップスタイルは、さらなる広がりを見せる。

OPENERS0814_4478

かすりチェックを使った
「ニュードーヴァー」のスーツ

ネイビーの生地にあしらわれたチェック柄は、和服のかすりを連想させるようなさり気ない風合い。そのヴィンテージファブリックのような生地感を、ラペルをより大きくすることでエレガントに仕立てた「ニュードーヴァー」のスーツは、短めの着丈やコンパクトなルックスながら可動域を増やすことで着用感をアップ。

OPENERS0814_4473

色で遊びを感じさせる
カシミア混のジャケット

ガーメントダイを施したカシミア混のジャケットは、路面店限定。カーディガンのような軽い着心地が特徴。落ち着きのあるグリーンの生地はバスケットチェックの織り柄で、着こなしに奥行きをもたらしてくれる効果も。インナーには黒のタートルネックを、そしてネイビーのテーパードパンツで都会的な色の組み合わせを楽しみたい。

OPENERS0814_4482

ベーシックかつモダンな
ジャケパンスタイル

路面店限定となるブラウンのチェックジャケットは「ニュードーヴァー」。 そのブラウンを活かし、ニットベスト、タイ、パンツをトーン・オン・トーン で揃えたコーディネート。色遣いはクラシコらしさが漂うものの、サイズ感やデザインによって、ビジネスにも使えそうな現代的な印象を与えるスタイリングに。

Exclusive Items for CASUAL STYLE

ボリオリが提案するカジュアルアイテムには、いまという時代にふさわしいシックさやスポーティ、リラックスといったニュアンスが漂う。それらを組み合わせた着こなしは楽で快適というメリットをもちながら、ルーズに見せないのは確かなテーラードの技があってこそ。大人が着るべきセンスのいいカジュアルを紹介する。

OPENERS0814_4478

ジャケット代わりに
軽やかなコートを纏って

コットンをベースにした軽やかな路面店限定のカーキのコートは、秋口からジャケット代わりに使いたいアイテム。 そこにブルー、ネイビーといったカラーをくわえればモダンな遊びが光るコーディネートの完成。カーキの男らしさを色で中和したコーディネートは、今季らしいカジュアルな着こなしの参考にしたい。

OPENERS0814_4482

今季のブラウンの差し色は
朱色のニットで

ルックでブラウンの差し色アイテムとして使われているのが、朱色のニット。 型は使いやすいタートルネックとスポーティなポロカラーの2種類が路面店限定カラー。

OPENERS0814_4473

限定レザーブルゾンは
ニュアンスのある発色が魅力

スポーティなリブカラーのレザーブルゾンは、グレーながらもムラ感のある仕上がりで、着こなしに豊かな表情をプ ラスするキーアイテム。ボトムスにはカントリー的な雰囲気が漂う太畝のコーデュロイパンツを合わせ、ニードルパンチでジャケットのデザインをあしらったブラウンのストールでシックな休日スタイルに。

< ボリオリ 東京店 >

shop2

ボリオリ 東京店
住所|東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビル1F
電話番号|TEL.03-6256-0297 ※9月10日(木)より開通
営業時間|営業時間:11:00~20:00

問い合わせ先

ボリオリ 東京店

TEL:03-6256-0297

http://www.coronet.co.jp