第42回東京モーターショー2011|渡辺敏史と清水久美子がいく 部品ブースウォッチング

第42回東京モーターショー2011|渡辺敏史と清水久美子がいく 部品ブースウォッチング

CAR FEATURES

第42回東京モーターショー2011

渡辺敏史&清水久美子がいく 部品ブースウォッチング (1)

国内外のメーカーのワールドプレミア、ジャパンプレミアにわく「第42回東京モーターショー2011」。
明日のカー社会への期待がいやがおうにも高まるけれど、モーターショーをいろどる未来のテクノロジーも、エンジンや電装部品、タイヤなど、ひとつひとつの部品メーカーの「ものづくり」があってこそのものなのではないだろうか?
それを確かめるべく、自動車評論家 渡辺敏史と、OPENERS BLOGでも活躍中の実業家にして凄腕アマチュアレーサー 清水久美子の両名とともに、部品系ブースをまわっていろいろと教えてもらおう、というのがこの企画。
すでに東京モーターショーに行ったひとも、まだ行っていないひとも、東京モーターショーがもっとおもしろくなるにちがいない!

話す人= 渡辺敏史清水久美子写真=荒川正幸

GT-Rのホイールにうっとり──レイズホイール

渡辺、清水両名に、ちょっと深いクルマの話をしてもらおうとはじまった部品系ブースめぐり。タイヤやホイールのメーカーがブースを出している国際展示場は東展示棟中央付近からスタート。

二人は「RAYS WHEELS」のブース前。清水さんといえばその細身の体からは想像できないドライビングテクニックをもつアマチュアレーサー。GT-Rの2007年モデル(都内第1号車!)を乗り回し、クルマのチューニングにも造詣が深いのですが──

渡辺 清水さんの好きな「RAYS」が出てるよ!

清水 いやー、ちょっとここは! ここはヤバイですよ!

渡辺 いきましょう、いきましょう!

清水 一本だけすごい気になるホイールがある。

渡辺 あ。これ全部純正品?

清水 こちら!! 一番右の列の真ん中!

渡辺&清水のパーツウォッチング02

渡辺 やっぱりこれですよね! GT-Rのホイール。

清水 やっぱり2011年モデルから採用されているこのあたらしいホイール! GT-Rに装着するために生まれてきたこのホイール! これはワタシのGT-Rにもはかせたいです。

渡辺 純正品にオプションの塗装が入っているものなんでしょうね、これは。

清水 すごくすてき……ブロンズですかね。

渡辺 一緒に写真とってもらったら?

渡辺&清水のパーツウォッチング03

清水 本当はスペックVのホイールが一番軽くていいんですけれど、これもデザインがおとなっぽくてワタシは好き。

渡辺 GT-Rのホイールっていうのは、代々みんなユーザーが他の車種にも流用していたり。

清水 そうなんですよ! いろんなクルマで履けるような洗練されたデザインなんです!

──性能的には?

清水 軽量だと思いますし。

渡辺 それに自動車メーカーにOEM供給されるホイールは、すごい強度試験してるんです。だから、3センチくらいの角材を踏んづけても曲がらない強度を備えている。

清水 いやーかっこいいなぁ。

渡辺 タイヤはどのメーカーが好き?

清水 タイヤはやっぱり35GT-Rに純正供給しているダンロップかブリヂストン?

(現在の純正タイヤはダンロップのみです)

ところが歩き出してすぐ、新製品が出ていることを発見して「横浜ゴム」のブースに突入する二人!

motorshow_banner