試乗、コンチネンタル GT スピード|Bentley

試乗、コンチネンタル GT スピード|Bentley

CAR IMPRESSION

Bentley Continental GT Speed|ベントレー コンチネンタル GT スピード

試乗、コンチネンタル GT スピード

ライバルとはことなるパフォーマンスとライバルを圧するラグジュアリー性を兼ね備え、孤高のブランドとして存在しつづけるベントレー。「コンチネンタル GT スピード」は、現代において、そのキャラクターを明確に表現した特別な一台だ。インプレッションとともに、渡辺敏史氏がベントレーの真価に迫る。

Text by WATANABE ToshifumiPhotographs by HANAMURA Hidenori

スポーツなのか、ラグジュアリーなのか

そのドライバビリティとデュラビリティ、そしてパワーは、ル・マンにおける5回の優勝で実証されている。ベントレーの出自がアルティメイト ピュアスポーツにあったことは好事家ならば誰もが認めるところだろう。

いっぽう、第二次戦後のベントレーはロールスロイスとの合併、そしてアーキテクチャーの共有により、ラグジュアリースポーツとしてのキャラクターが徐々に定着していく。そして現在の大半のカスタマーにとってベントレーのカテゴライズは、むしろラグジュアリーの側に強く傾いているのかもしれない。

327_07_Bentley_Continental_GT_Speed
327_24_Bentley_Continental_GT_Speed

果たしてベントレーの分類はスポーツなのか、ラグジュアリーなのか。そんな議論自体が不毛なほど、現在の自動車はかつて相反していたこの両方を高度に満たしてくれる。フェラーリであれランボルギーニであれ、乗り心地は普段使いに適応するレベルにあるし、内装を豪華に彩ることも可能だ。あるいはAMGやM、RSシリーズなどは、サルーンの体であっても下手なスポーツカーを蹴散らすほどのパフォーマンスをみせてくれる。

そうあっても、ベントレーのやり方は昔から変わらない。基準車において備えるべきは、ライバルとはことなるパフォーマンスとライバルを圧するラグジュアリー性であり、それをベースとしてよりスポーツ性の高いモデルをバリエーションとして揃えていく。もしくは、究極の贅沢を求める向きにはビスポークで応えると。そうやって、今日のユーザーに望まれるものとブランドとして通すべき筋を両立しつづけてきた。