フィアット パンダ 4×4を試乗する|Fiat

フィアット パンダ 4×4を試乗する|Fiat

CAR IMPRESSION

Fiat Panda 4×4 |フィアット パンダ 4×4

ツウ好みのコンパクト4WDモデル

フィアット パンダ 4×4を試乗する

小さめ4駆として世界的に貴重な存在といえるのが、フィアットの「パンダ 4×4(フォーバイフォー)」。日本には軽自動車カテゴリーがあるので、ジムニーやハスラーなど排気量660ccの4駆モデルも存在するが、こと「輸入車ブランドで」となると、パンダが最小モデル。プジョー「2008」やフォード「エコスポーツ」など、パンダより上のBセグメントにクロスオーバーモデルはあるがともにFFとなる。6段MTモデルのみのラインナップなので少々マニア向けながら、“欧州車はMT”というこだわり派にとって、その走りはなかなかに痛快である。

Text by SAKURAI KenichiPhotographs by TSUKAHARA Takaaki

意外に侮れないオフロード性能

現在日本に導入されているフィアット「パンダ」は、マルチエアと呼ばれる63kW(85ps)の最高出力をもつ、総排気量875ccの直列2気筒8バルブターボエンジンに、ATモード付き5段シーケンシャルのデュアロジック(ロボタイズドMT)トランスミッションを搭載した前輪駆動モデル1車種がカタログモデルとして販売されている。

そこにインポーターであるFCAジャパンは、5段MTモデルや4×4(フォーバイフォー)と呼ばれる4WDモデルを限定車として年に数回追加。欧州車ファンが好みそうな、こうした特別なラインナップを台数限定で発売するという手法は、ATが主流となって久しい日本市場では客層が限られるはずなので、ある意味正しいビジネスモデルといえそうだ。数は決して多くないが、欲しい人にとってはたまらない車種を正規モデルとして導入してくれるFCAジャパンは、そうしたニッチな欧州車ファンにとって、良心的なインポーターなのかもしれない。

327_22_Fiat_Panda_4×4
327_23_Fiat_Panda_4×4

今回紹介する「パンダ 4×4」は、FCAジャパンが正規モデルとして昨年末に340台の台数限定で販売を開始したモデル。その「パンダ 4×4」をベースに、今年1月30日にはスキーやスノーボードを装着できる「ベースキャリア」と荷室の汚れを気にすることなくガンガン使える「ラゲッジマット」のアウトドアアクティビティに向け装備を標準採用した特別モデル「パンダ 4×4 アドベンチャー エディション」を全国限定60台で発売し、さらにこの7月10日からは、フルオートエアコンやリアプライバシーガラスを標準装備した「パンダ 4×4 コンフォート」を、「タスカングリーン」のボディカラーで100台、「ベネチアンブルー」で20台、計120台の限定で発売している。

これはら装備のちがいで車名がことなっているだけで、基本的なメカニズムは同一である。ただし、これはと思ったら早めにアクションを起こさないと売り切れてしまうのが限定モノの定め。そこでこのレポートにも価値が出る――というのは、いつものように編集部サイドの勝手な独り言である。