ゼニアが仕立てたマセラティのためのシルクシート|Maserati

ゼニアが仕立てたマセラティのためのシルクシート|Maserati

CAR FEATURES

Maserati Quattroporte|マセラティ クアトロポルテ

Maserati Ghibli|マセラティ ギブリ

ゼニアが仕立てたマセラティのためのシルクシート

マセラティとエルメネジルド・ゼニア。イタリアが世界に誇る、ふたつのラグジュアリー ブランドがふたたび手を組んだ。あらたに仕立てたのは、特製のシルク地シート。クアトロポルテとギブリの2台に乗り、北イタリアはマッジョーレ湖畔から小川フミオ氏がレポートをお届けする。その座り心地はいかに。

Text by OGAWA Fumio

スーツ2.5着ぶんのシルク

高級車のシートといえばレザー。でもそれは本当だろうか? 歴史をさかのぼると、戦前の高級セダンでは、シルクやベロアが主流だった。レザーは運転手が乗る席のもの。耐候性はいいけれど、ごわごわしてつるつるして肌触りが敬遠されたからだ。そんな高級車のオリジンが復活したようなシルクシートをマセラティが実現させた。

マセラティが、高級紳士服地などで知られるエルメネジルド・ゼニア社と共同開発したシルクシート。「この話がゼニア社のエルメネジルド・ゼニアCEOから持ち込まれたとき、この男、頭がどうかしている、とおもいました」。そう笑うのは、マセラティ社のハラルド・ウェスターCEOだ。2人の経営責任者が、北イタリアはマッジョーレ湖畔の高級リゾートホテルに顔を揃えたのは、両社が「画期的」と胸を張るシルクシートのプレゼンテーションのためだった。

327_36_ng Wester_G Zegna

ゼニア社のエルメネジルド・ゼニアCEO(左)と、マセラティ社のハラルド・ウェスターCEO(右)のふたり

327_38_egna Factory

エルメネジルド・ゼニア社と共同で開発したマセラティで使用するシルク地

「シルクシートは、かつて我が社が買収したシルク服地のメーカーが持つ技術を磨いて作りあげたものです。シルクはいい素材です、手ざわりもいいし、光沢にも高級感があります。服地以外にも使えないかと考えて開発を進めました。シートにはスーツ2.5着ぶんのシルクが必要です。もちろん普通のシルクとはちがいます」

ゼニアCEOが背景を説明する。それを受けて、ウェスターCEOが、シート地は現代の基準をクリアするものだと補足する。かつて高級車のシルクシートは耐久性に乏しく、使っているうちに裂けてしまった。それゆえ贅沢なのだけれど。さすがに現代のクルマでそこまで蕩尽を求めるわけにはいかない。

327_09_Maserati Ghibli_Stresa

Maserati Ghibli

くわえて、日光への耐久社、マイナス30度から50度を超える高温でも傷まず、乗員のからだを支える安全性も重要な要素だ。それはすべてクリアした、とウェスターCEO。「かつレザーより汚れに強いのです」とつけくわえた。

では実際の座り心地はいかなるものだろう。マセラティは、マッジョーラ湖畔からミラノ郊外へ、ハイウェイと山岳路を組み合わせたテストコースのために、「クアトロポルテ」と「ギブリ」を用意してくれた。