中国出身の現代アーティスト 蔡國強による『帰去来』展|YOKOHAMA MUSEUM OF ART

YOKOHAMA MUSEUM OF ART|中国出身の現代アーティスト 蔡國強による『帰去来』展

『壁撞き』2006、99体のオオカミのレプリカ、ガラス壁 ドイツ銀行蔵、The Deutsche Bank Collection Photo by KAMIYAMA Yosuke

ART TOKYO Tips

YOKOHAMA MUSEUM OF ART|横浜美術館

中国出身の現代アーティストによる“日本里帰り展”

横浜美術館で蔡國強展:帰去来

中国出身で、現在はニューヨークを拠点に活動する現代美術家、蔡國強(さいこっきょう)による個展『帰去来』が横浜美術館で開かれている。かつて日本で活動していた蔡國強の“里帰り展”ともいうべき展覧会だ。10月18日(日)まで。

Text by YANAKA Tomomi

滞在制作により生み出された大作を発表

火薬を爆発させ、そこから生み出される予想だにできない火薬の美しさを作品として発表してきたことで知られる蔡國強は、1957年、中国福建省生まれ。上海で舞台美術を学んだ後、1986年末から1995年まで日本でも活動を展開し、火薬によるアートを成熟させてきた。以降、ニューヨークを拠点に活動をつづけ、世界を股に掛けて活躍する現代アーティストの一人として数えられる。

そんな蔡國強の7年ぶりとなる日本での個展が実現。「行って、戻ってきた」という意味の『帰去来』と題し、開催されている。日本との強いつながりをもつ蔡國強は本展のために市民ボランティアらの協力を得ながら6点の大型作品を滞在制作。ひとつは縦8×横24メートルの和紙に描かれた『夜桜』で、彼にとって過去最大サイズの火薬を使った平面作品となる。

a

火薬絵画『人生四季』(2015年、火薬、カンヴァス、作家蔵)の爆破 Photo by KAMIYAMA Yosuke

c

『春夏秋冬』より(部分)2014年、火薬・磁器、作家蔵 Commissioned by the Power Station of Art, Shanghai.Photo by Zhang Feiyu, courtesy Cai Studio

いっぽうは、カンヴァスに描かれた4点の作品からなる連作『人生四季』。江戸時代の浮世絵師、月岡雪鼎(つきおかせってい)の描いた肉筆春画にインスピレーションを得た作品で、彼が長年研さんを重ねてきた新境地でもある色付きの火薬絵画となっている。

また会場では蔡國強が長年にわたり構想してきた、教育的なオンラインゲーム「アートアイランド」を世界初ローンチ。オンラインゲーム上のワークショップ内で協力することで、相互理解を図ることを目的に開発されてきた。

b

『朝顔』(2015年、作家蔵)、『春夏秋冬』(2014年、作家蔵)の展示風景Photo by KAMIYAMA Yosuke

「ひとりの学徒の芸術上の帰郷でもあり、また当時の純粋な気持ちを取り戻し、原点にさかのぼりたいという願いを込めた」と本展への想いを語る蔡國強。本展は、火薬を使い、圧倒的な美しさを生み出してきた蔡の世界のひとつの完成形といえるものだろう。

蔡國強展:帰去来
会期|7月11日(土)~10月18日(日) ※木曜休館
時間|10:00~18:00 ※9月16日(水)、18日(金)は~20:00
会場|横浜美術館
横浜市西区みなとみらい3-4-1
観覧料|一般1500円、大学・高校生900円、中学生600円 ※小学生は無料

問い合わせ先

横浜美術館

Tel.045-221-0300

http://yokohama.art.museum/