フォルクスワーゲンのカーデザイン|Volkswagen

フォルクスワーゲンのカーデザイン|Volkswagen

CAR FEATURES

Volkswagen Passat|フォルクスワーゲン パサート

エクステリアデザイナー ダニエル・シャルフェヴェアト氏に訊く

フォルクスワーゲンのカーデザイン

スペックだけでは計りきれないクルマの魅力。その最たるもののひとつにカーデザインがある。自動車メーカー各社はいまも昔もしのぎを削り、あたらしいトレンドを模索する。フォルクスワーゲンが先月日本に導入した新型「パサート」は、昨今の同社のデザイン文法を象徴する代表的な一台だ。今回、小川フミオ氏をインタビュアーに迎え、ドイツ本国から来日したフォルクスワーゲン デザインセンターの副リーダーを務めるダニエル・シャルフェヴェアト氏に、8代目へと進化を遂げた新型パサートのデザインと、またこれからのフォルクスワーゲンのデザイン戦略についてうかがった。

Text by OGAWA Fumio

VWらしさ、とは

新型「パサート」の日本発表会にタイミングを合わせて来日したのが、エクステリアを担当したフォルクスワーゲンのデザイナー、ダニエル・シャルフェヴェアト氏だ。「パサート ヴァリアント」をはじめ、新型「トゥーラン(日本未導入)」、2013年の「ゴルフ スポーツバン(同)」などを手がけている。

――フォルクスワーゲン(以下VW)のラインナップは多岐に渡りますが、「ポロ」「ゴルフ」「シャラン」、それに今回の新型パサートといった主力モデルは、ファミリーアイデンティティを強く感じさせます。誰が見てもすぐ、VWだとわかるスタイリング上の要素は、いかなるものでしょう。

ダニエル・シャルフェヴェアト氏(以下DS) 似ていると言われても、デザイナーの立場からすると、大きくちがっているんですよ。たとえば、ゴルフと比較してみましょう。新型パサートはショルダーといってサイドウィンドウ下のボディをややふくらませて、ボディに力強さをもたせています。でもゴルフにはショルダーを設けていません。それだけで、もうまったくちがうスタイルだといえるんです。

328_62_Volkswagen_Passat

デザインセンター副リーダーを務めるダニエル・シャルフェヴェアト氏

328_61_Volkswagen_Passat

去る7月16日、日本初披露となった新型「パサート」

――とはいえ、2台が別のメーカーのクルマに見えてしまってもいけない……。

DS そうです。ブランドのアイデンティティは感じさせなくてはいけません。どのモデルもデザインする上でロジックを大切にしています。それがVWらしさとして感じられるかもしれません。新型パサートのスタイリングはシャープな水平ラインを強調して、過度にエモーショナルになりすぎないよう配慮しつつ、かたちに理由があるように感じてもらうことを考えました。

――具体的にはどういうところですか。

DS 広い室内とか走りのよさとか。なにはともあれ、トレンドをフォローするのでなく、VWはVWのやり方を守るよう心がけています。ライバルはステーションワゴンといってもルーフの全長を短めにしてスタイリッシュにしていますが、パサートはあくまで長いルーフで荷室を広くとり、たくさんの荷物を積める機能性を重視しているのです。